上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末は忙しかった。



土曜日は、
J-1所属のプロサッカーチームによるサッカー教室に参加。

息子だけでなく私も申し込んで、
指導者コースで子どもの育成方法を教えてもらった。



その午後から、
1泊でのサッカー部夏合宿。

娘も連れて、
サッカー少年たちと送迎バスに乗って温泉に行った。



日曜日は、
午後2時には解散場所の小学校に到着したのだが、

帰宅するとすぐに息子は自転車に乗って、
別れたばかりのサッカー部仲間たちと、
他の町内のお祭りに出かけた。


娘も同じく私からおこづかいをもらって、
自転車で友だちとお祭りに出かけたのであった。




私は一人で、
合宿でたまった洋服などを洗濯していた。

ところが遠くで雷が響きだし、
やがて雨が降ってきた。


娘はすぐに帰宅したのだが、
雨が本降りになっても、うちのバカ息子は帰ってこない。

雨が降り出して、
40分たっても息子が帰ってこないので、
しかたなく娘を車に乗せて、迎えに行った。


ところが、
雨はどんどん強くなるばかり。

風も強くなり、車が揺れるほど。




さて、お祭り会場の公園に着くと、
大雨の中、
吹きさらしのテントの中に役員のお母さんたちがいた。

雨がひどくて、
車内からは、息子がどこにいるのかわからない。


ところが、
息子の方が私の車を見つけて駆け寄ってきた。

車に乗せると、
髪の毛からズボン、パンツまでぐっしょり。


誰と一緒にいたのか聞くと、
まだ仲間が2人残っているという。

こんな大雨の中、
友達を残していくのはかわいそうなので、
車で送ってあげることにし、
息子に仲間を呼びにやった。


その間に、
娘に座席にビニールシートを敷かせ、
座席がぬれないようにした。



車に乗ってきた息子たちサッカー部3人は、
びしょぬれで「寒~い」とふるえた。

自宅の場所を教えてもらいながら、運転。

雨が嵐のようにすごかったので、
自転車は明日取りに来るようにと言った。


そして携帯電話を子どもたちに渡して、
自宅に送り届けるから安心してと伝えさせた。



ところがあるお母さんは、
自転車が置いてある場所を詳しく聞いているようで、
なかなか私の携帯からの電話が終わらない。

携帯電話の通話料は高いので、
私は気をもんでしまった。


やっと長電話を終えた子が、
「これからお母さんが自転車を取りにいくって」
と言った。

私は、
車の座席がぬれるほどの子どもたちを好意で自宅まで送り届けてあげるのに、
ありがとうよりも、
自転車の心配か、と頭にきてしまった。

私だって息子の友達を車に乗せなければ、
息子の自転車も車に積んでいけたのに。


それに合宿で、
親が同伴しない子どもたちのめんどうを見てきたのに、
さらにその夕方、
雨なのに親が迎えに来ない子のお世話までしなきゃならないなんて。




だけどね、
きっと今までは私が気がつかないところで、
子どもたちや私がこんなふうにお世話になっていたに違いないと思い、
怒りが沈んだの。

そして自分が他人のためにしてあげる行為が、
どんなに小さなことでも、
それがいかに大変で気を使うかことか、
わかっただけでもよかったじゃないか、と。




翌朝は晴れたので、
仕事先に向かう途中、息子を車に乗せて、
自転車の開いてある近くで降ろした。

昨日は、
うちだけ自転車を置いたまま帰宅して損したとイライラしたけれど、
次の日に持ち帰れるんだから、
どうということもないじゃないか?



自分がちょっといいことをすると天狗になり、
他人が得をするとイライラする自分(恥)。


でも損をしたように見えても、
損なんてしていないはず。

息子の友達たちの家の場所もわかったしね(笑)。




 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



合宿では、
ホテル近くの川に遊びに行きました。

ズボンや靴を脱いで川に入る子どもたちがほとんどなのに、
うちの息子は靴下はいた運動靴のまま、
川へ・・・。



また子どもたちは夕食の和食が食べられず、
夜みんなで、
カップラーメンを買いに行きました(苦笑)。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。