上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるすとは、
過去の出来事へのとらわれを手放し、
相手を責めるのをやめ、
今子の瞬間のやすらぎを選択することです。



野口嘉則著「コミック 鏡の法則 +幸せを引き寄せる18のメッセージ」
(総合法令出版)





娘が出場する、
サッカー練習試合の会場準備をやることになっていた。


でも先週水曜日に、
娘が溶連(ようれん)菌感染症とわかり、
学校も出席停止。

先週末のサッカーはお休みすることにした。


しかし、
会場準備には行く。

他のママが、誰かに代わってもらえばと言ってくれたけど、
千葉のおじいちゃんが、
私が娘を置いて仕事に出られるように来てくれたので、
会場準備に行った。



暑い一日となった日曜日。

まずは小学校校庭にスプリンクラーで水をまく、
知り合いの他チームの監督にあいさつ。


そして、他チームのコーチたちと一緒に、
タッチラインやゴールエリア、ペナルティエリアなどのライン引きを手伝った。

重たいゴール運びは、
男性たちにお任せして。



その間に、
娘と息子が入っているうちのチームも到着。

お母さんたちとおしゃべりしたり、
一緒に手を洗いに行ったりしながら、
情報交換。


するとあるママが、
「4級審判の講習会って、次はいつあるんですか」
と聞いてきた。

私はわからないので詳しいママに質問すると、
ちょうど他チームの審判資格を持っているママが通ったので、
みんなでたずねてみた。



次は、宇都宮であるらしい。
宇都宮か、遠いなあ。

でも、
4級審判の資格取得講座を受講したいと言い出したママは、
それでもひるがえらない。


私もうれしくて、
一緒にとることにした。

子どもが休んでも、
自分が受け持った会場準備の仕事をこなしに行って、ヨカッタ!




というのも、
実は前から、審判をやってみたかったんだよね~。



息子が以前いたサッカーチームにも、
審判資格を持つ、かっこいいママコーチがいた。

でも、
そのママはキビキビしていて、
頼りになる存在だったので、
私のようなヘナチョコがフィールドに出たら、
他のママたちの嘲笑の的になるだろうととてもこわかった。


ところで春に、
サッカールールを自分も知りたいと言い出したママがいて、
「審判の資格とる?」
と聞いたら、

「そこまでは~」
と笑われた。



そうなのだ。
そこまではやらないよね。

でも、一緒に審判資格をとって、
フィールドに出る新人審判ママがいれば、
私はやりたかったのだ。

でも一人では、
他のママに笑われるのが恐ろしくて、
審判資格をとりたいと口に出すことさえできなかったのだ。



けれど、
そのママと他のママも誘って、
3人でたぶん、今週申込、入金する予定だ。

なんと、審判資格取得講座の申込期限が今週末までで、
講座は2週間後だった。

それを逃せば、
栃木県では講座は来年までないようだった。


なんてラッキー。




それにしても、
私は審判資格とりたいと言い出したママの強さに感動して、
自分も笑われてもいいなと思えるようになったの。


普段運動もしていないから、
サッカーをする子どもに走ってついていけないかもしれない。

審判までよくやるよね~と、
他のママたちの噂話の的にされるかもしれない。

判定をまちがえて、
他のママたちからブーイング受けるかもしれない。


オンナだてらに、
男社会のサッカーに足を踏み入れて、
他のパパたちにもバカにされるかもしれない。



でも、
あざ笑われてもいい、
と初めて思えた。



で、
審判資格をとる前から、
自分から先に同じチームのママたちに言っちゃった。

「フィールドに出たら、笑ってね」と。



だって、
どうせ、笑われるんだ。

でも、
笑われても当たり前。


だって、初心者だも~ン!



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



昨日は、
サッカー部関係者のお通夜に参列しました。

明日は、
サッカー部の子のお見舞いです。



父母の会会長だから、顔を出す。

でもそのおかげで、
いろんな人と、
だんだんお付き合いが深まっていっています。


ありがたいことだなと思っています。

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。