上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から我が家に、家政婦さんが来る!



ついに、一つの夢が実現する。

マドンナは、
マクロビオティックの日本人女性の料理家をプライベートジェットに乗せて、
ツアーに出ていたということを、
その料理家の友人の料理研究家から8年前に聞いて以来、
私もコックを自宅に雇うのが夢だった。


私は料理は苦手だが、
冷凍食品やコンビニ弁当などは好きではない。

派遣社員で働いている工場では、
給食センターから配送される280円のお弁当をお昼に食べているけれど、
(ご飯は皆でチンして食べ、おいしいです)

使い捨て容器に入ったコンビニ弁当や菓子パンを食べるのは味気なくて、
便利でもめったに買わない。

ホカ弁を買うなら、高くても外食に行くほどだ。



ところで、
二学期になってから学校やサッカーを時々休むようになった小学4年生の息子。

担任から病院に行くように言われて小児科に行ったところ、
「起立性調節障害」だといわれた。


私がガミガミ叱ってどなっているため、
ストレスで朝具合が悪くなる症状だ(恥)。


「お母さん、ほめ上手になってください」
と優しく小児科医に言われたものの、
なかなか変われず、
毎日子どもにどなったりたたいたり・・・(大恥)。



ただ、
先週末のクリスマスケーキ作りの母子会の集まりで、
息子のことを発表したら、

「うちは毎日相談員さんが迎えに来ないと、学校行けないのよ」
とか、
「兄弟ふたりとも、小4~6年まで起立性調節障害だったけど、
中学に行ったら二人とも、学校に行くようになったわよ」

と言う人たちがいて、 
自分だけじゃなかったんだ・・・と驚いた。


さらに職場でも話したら、
「うちの息子も、中学1年になって既に22日休んだよ・・・。
女房がガミガミうるさいんだよ・・・」
とこぼす男性もいて、
正直、ホッとしてしまった。



ホッと一息つけたところで、
息子をどならないためにも、
自分のストレスの原因である夕食作りをお金で解決しようと、
知人の家政婦派遣業者や市役所の役員に値段を聞いた。

いや~、
家政婦さんって高いのネ・・。



自分が働く時給の2倍位するので、やめようかとも思ったけれど、
雇って自分が楽になることを既に想像していたから、
家政婦を雇わなかったら、
料理嫌いに対するストレスがさらに爆発しそうな気がした。

それで思い切って、
まずは1週間、お願いすることにした。


昨日、家政婦派遣会社に頼んだらすぐに決まって、
今日から平日の夕方1時間、来てもらえることになった。

料理上手な人を頼んでもらったので、
楽しみだ。




夢って、叶うんだな~。

お金がかかるからと言って、
雇うのをあきらめなくてよかった。


家政婦さんへの支払い以上のお金を、
もっとガンガン稼げるように作戦を練っていきたい(笑)。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =


今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!





[PR]コフレドール柴咲コウカネボウ
スポンサーサイト

テーマ : 育児ニュース - ジャンル : 育児

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。