上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日セミナーで、

「願いを口に出して10回言うと、
叶(かな)うんですよ。

『叶う』という字は、口に10(十)と書くでしょ」

と教えてもらった(ナルホド)。



その女性講師はこんな話をしてくれた。

自分はカリスマ性に欠けるので、
最初の頃の自分のセミナーでは眠ってしまう人がたくさんいた、と。

だから車でセミナー会場に向かうとき、
「私は素晴らしい講師だ」
と声に出して自分を鼓舞しながら運転したそうだ。


最初はバカらしくも感じたが、
口に出して言うと、だんだんその気になってくるんですよ、
とも言っていた。



セミナーが終わって自宅に戻ると、
3日間セミナーでもらった「成功の詩」が、
トイレに貼ってあったことに気が付いた。

それまでは心の中で読みながら、
こんなの読んだってどうせ成功できないと、ばかばかしく思う自分がいた。


でもね、
口に出して言ってみることにしたの。

トイレに入るたびに声を出し、
1日10回くらい言うようにした。


1回目はね、
声に出したって変わらないだろうと思いながら読んだ。

でも2回、3回と声を出して読み上げていくうちに、
心の中で声を出さずに読むときとは効果が違うことに気が付いた。


声を出して読むことは意外と集中力が必要なので、
読みながら用をたすのは難しいときさえある(失礼)。

その分、
自分のしゃべった言葉が自分の体の中に入ってくる感じ。


でも心の中で読んでいるときは、
読みながら、自分をさげすむよけいな自分の声も聞こえるの。

声を出すと、
読んでもむだだと言う自分の声は聞こえないのに。



ところで「成功の詩」の中にね、
こんな言葉があるの。

「ちょうどダイヤモンドが、
研磨される前にもダイヤモンドとしての存在価値があるように、
私も私自身の存在価値を承認する。」


私はまだ、自分が成功したともすっごい幸せだとも思えない。
(恵まれているとは思っています)

だけど私の中にも、
磨けば光るものがあるのかもしれないと思うようになった。


自分の可能性を、ちょっと感じられるようになった。



お祈りは声を出すよね。
お経も声を出して読むよね。

小学1年生の娘は、音読が宿題によく出る(笑)。


声に出すと、自分の体と心と魂に、
自分の言葉通りのものが植えつけられる感じだ。


自分のほしいものや理想は、
声に出して10回言ってみよう。

きっと”叶う”から!

スポンサーサイト

テーマ : 生活向上のために - ジャンル : ライフ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。