上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友人がいいことを教えてくれた。


成功する人は、
成功にたどり着く過程そのものが”快楽”なのだと。

一方で成功しない人は、
成功しない方法を選ぶことが快感(苦笑)。


だから、
ちょっとでもうまくいったら、
オーバーに自分をほめて、飛び上がって喜ぼうねと。

そうすると脳がまたほめられたいと(笑)、
成功への道を選んでくれるようになるそうだ。



なるほど~。
私は自分をいじめるのが趣味だ(苦笑)。

自分を否定し、
他人と比べてさげすむのが快感になっている(恥)。



ところで、
最近子どもによくマンガを買っている。
それは我が家はテレビを置かないので、
子どもに何かおもしろい刺激が必要だと思ってのことだった。

古いマンガをブックオフで安く買ってくるのだが、
息子の好きな「ドラゴンボール」や「名探偵コナン」「ヒカルの碁」など、
昔のヒット作品を今頃一緒に読んでいる。


が、おもしろいのね、コレが(笑)。

ヒットする作品って、
人をひきつけるものがあるんだ、
すばらしいな~と感心しながら読んでいる。



さて、
戦いモノは好きではないけれど、
「ドラゴンボール」全42巻を読んで思ったこと。

主人公の悟空(ごくう)は、
なんで次々と出てくるライバルたちと戦いばっかりやっているんだ?


ちなみに悟空の奥さんは、
働かないで、お金も稼がないで、
戦いばっかりやってと怒っていたが(女として同感)。


しかしそれでやっと、わかった。
人には、他人が必要だということ。

ライバルがいるからこそ、
もっとがんばろうと思えるということが。



私にとって友達とは、
比較して落ち込む存在であり、
喜び合う関係、切磋琢磨する関係ではなかった。

でもね、

「しあわせは よろこび上手な 人にくる」

と、本の副題に書いてあった。



まずは気がつけたことに、乾杯!

プレゼントもケーキも買えないけれど、
自分の頭を何度も何度もなでであげた。

自分で自分を抱きしめて、
上腕や肩甲骨のあたりをさすってあげた。


口で自分をほめるとばかばかしく感じちゃって喜べないから(苦笑)、
手を使って自分をほめてあげました!
スポンサーサイト

テーマ : 小さな幸せ - ジャンル : ライフ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。