上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日曜日の夜、
私の住む地方都市に劇団四季のミュージカルがやってきた。


東京まで行かなくても観れるなんて!

とチラシを見て感激し、
ちょうど児童手当が振り込まれたのでそれをほぼ全部はたいて(笑)、
子どもを含めて3人分のチケットを衝動買いしてしまった(爆)。



さて、
ミュージカルのあったその日はサッカー部の親睦会で、
親子サッカーとバーベキューをした。

息子を含めた2~4年生のサッカー部対ママ、
5~6年生対パパで対決。


勢いのあるボールが頭に当たりそうになると逃げてしまい(恥)、
子どもの足を引っかけてころばせないよう気を使い(笑)、
汗だくになって走った。

バーベキューのあとは、息子が友達を連れてきたので、
ミュージカルの開演まであまり時間がないから、
友達も一緒におふろに入れ(笑)、
生ラーメンをゆでて早い夕食を食べた。


友達を送った後、
開演10分前に到着。

すると、ロビーパフォーマンスが行なわれていたの!


仮面をかぶった劇団四季の人たちがウロウロ歩き回ったり、
開演前なのに舞台でピエロが手品を見せてくれたり!

うえ~ん、もっと早く来ればよかった(涙)。



そして、
赤川次郎原作、浅利慶太台本の「夢から醒めた夢」が始まった。

内容を全く知らずに見たのだが、
死んだらどうなるかというお話で、子どもにもわかりやすかったと思う。


遊園地でのタップダンスや踊りは、
これぞ舞台!
という感激で、体を揺らしながらノリノリで魅入った。


大枚はたいて(笑)、観に行ってヨカッタ~!
という思いだった。

やっぱり好きなことをすると、
シアワセだな・・・と、つくづく思った。



ところでアファメーションのCDを、
毎日朝起きてすぐと夜寝る前に、45分間ずつ聞いている。

「私はあなたが大好きです」とか、
「あなたは大富豪になります」(笑)
などの言葉が入っているCDだ。


聞き始めの頃は、
「いくらそんなこと言ったって、どうせ私は・・・」
などと、
アファメーションの言葉に対して、心の中でブツブツ文句を言っていた(爆)。


「そんなふうにできる人もいるだろうけど」
と思いながら毎日毎日聞いているうちに、
今では淡々と聞き流すようになった。

まだ、自分もできるぞ!
と力強くは思えないけれど、
ダメでも、うまくいかなくてもあきらめないぞ!
という気持ちはもてるようになった。



現在は、
お金を使ってシアワセを買っていることが多いけれど(笑)、
このままアファメーションを聞き続けて、
目が覚めるだけでシアワセと思える人になりたいな。


ミュージカルでも言っていた。
亡くなった人の分まで命を生きてほしい、と。



命=シアワセ

なのだから。
スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。