上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎朝、1本DVDを観るのを日課としている。

映画好きな私には、
こたえられない楽しみになった。


ベトナム戦争が舞台のロバート・デーニーロの「ディア・ハンター」や
オードリー・ヘップバーンの「パリで一緒に」などは、
ちょっとウトウトしながら(汗)。

ジュリア・ロバーツの「エリン・ブロコビッチ」では、
実話のシングルマザーを応援しながら観て、
邦画の「スイングガールズ」はワクワクしながら観た。



こうして毎日明け方に、2~3時間ほど映画を観るという、
自分にとって楽しい時間を過ごすようになったら、
あまり落ち込まなくなってきたの。

落ち込んだとしても、
一晩寝ると、起きたらすぐに映画を観るわけだから、
映画で気分転換されちゃうの。。

映画を観ると、別世界に連れて行ってもらえるし、
映画の主人公たちを観て、
苦しんでいるのは自分だけじゃないと励まされもする。


それで、
あ~、またうまくコミュニケ-ションがとれなかったな~と思っても、

私は人間関係が下手なんだから、
どんどん練習させてもらおう

とポジティブに思えるようになった。



ところで今日ちょうど、
寄付をすることになった子ども二人の写真が届いた。

1ヶ月5千円ずつ二人の子どもを含めた地域に寄付するフォスタープランだが、
ブルキナファソ(アフリカ)の7歳の女のコと、
バングラディシュ(アジア)の2歳の男のコだ。


2歳の坊やは、黒地に白に水玉の服を着て、
27歳のママに抱っこされている。

7歳の女のコは、
両親の教育への無関心により、学校に通っていないという。



世界では、
1日1ドル以下で暮らしている人が12億人もいると書いてあった。

地球人口の約20%もの人たちが、だ。


しかも親が貧しければ、
子どもたちがいちばん影響を受けるのだ。

それは、日本でも同じことだが・・・。



私は本当は、
5人の子どもがほしかった。

できれば3人目を妊娠してから離婚したかったのだが(笑)、
それもうまくいかなかった。


でもやようやく、
私に3人目、4人目の子どもたちができた。

ほしかった子どもが、できた!


笑わないで写真に写っている、女のコと男のコ。
いつか、この子達の笑顔の写真をもらいたい。

そして、私も心から笑っている笑顔の自分の写真を、
わが子たちの笑顔と一緒に、
送れるようになりたい。



そのためにも、落ち込むより映画を(笑)!
そして学ぶためにも、お金を稼ごう!

貧すれば鈍しないように、
愚鈍が貧しさを呼ばないように、
自分にいろんな刺激を与えて、
落ち込む暇を作らずに、どんどん稼いでいこうと思う。


スポンサーサイト

テーマ : 至福のひととき - ジャンル : ライフ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。