上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はケチである。

相手に見返りを求める、ケチである(恥)。



私があいさつをしたら、
相手もあいさつをしなければ「ならない」と思っている。

あいさつを返すのが、「当然」だと思っている。

あいさつを返すのは、「人間として当たり前」のことだと思っている。


だから、
あいさつを返してもらえないと、
無視されると、

頭にくる。

そして、もうその人にはあいさつ「しない」(大恥)。



私が自分の体験とお金と時間で得た「ノウハウ」を教えたら、
相手も私に何かのノウハウを「教えなければならない」と思っている。

ギブ・アンド・「テイク」だと考えている。

与えたら、すぐにテイク=もらえる、と思っている。


私が無料でお金を稼ぐコツややり方を教えても、
相手が何も私に情報をくれないとき、

私は頭にくる(恥)。


「私が先にあなたに与えるから、あなたはあとで情報を私に渡してね」
と約束したわけでもないのに、
相手が出し渋ると、つきあいを避けたりする(恥)。



見返りがほしいから相手にあいさつやノウハウを与えている私は、
見返りがこないから、
どんどん出し渋るようになった。



自分がいっぱい時間やお金や努力を書けて得た情報を、
瞬時に相手が理解すると、
自分の今までの苦労がバカみたいに思えるの。

私だって、誰かからラクにただで教えてもらえば、
こんなに苦労しなくてすんだのに。

と、時間短縮できた相手をねたんでしまうのだ。


そしてノウハウを教えた相手が、
私より稼ぎ出してしまったら、もう大変!!

教えてあげなければよかったと、
悔しさでいっぱい(恥)。
(私の情報だけでたくさん稼げたわけでもないのにね)


そしてそんな自分が情けなくって、
自分をバカにしたりダメなやつだとさげすんだりして、
ちっとも楽しくなれない(涙)。




私はケチ。

見返りがほしい人だ。


いくら見返りを求めない清い心の人になろうと思っても、
私はなれない(爆)。

だから、見返りを求めちゃう自分をヨシとしよう。


とりあえず与えた人から直接もらおうとしなければ、いいかな。

どこかから、いつの日か、他の誰かから、
そのうちサプライズが届く。

こう思っていれば、
ケチって出し惜しみをしなくなるかな。



それから与えるって、善行だと思っている。

「私は正しい」と思っている。


コレも、思いあがりかな。



思いあがり、ねたみ、出し惜しみで、
頭も心もパンパンな私。

頭も心もからっぽにしないと、
新しいものが入ってこないんだよね。


与えるって本当は、
自分のパンパンないろんな思いを、
吐き出させてもらえるチャンスなのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。