上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィークは、
ミステリーツアーに行ってきた。



といっても、
団体旅行のミステリーツアーではなく、

あて先が決まらないまま車で出発した、
わが家6人での家族旅行だった。




というのも私の職場は、
全員一緒に決まった曜日に休むわけではないので、
翌月の勤務の休みが決まるのがとても遅い。

5月の各人の休みがわかったのは、
4月の最後の日だった。


それから1泊旅行の行く先を考え始めたので、
どこに行くか、
なかなか決まらなかったのだ。




母は、
「どうせなら、山形でも行こうか」
と言った。

でも栃木から出発しても、
ETC割引1000円での大渋滞が予想される中、
山形に行くのは遠い。


それじゃあ、
その手前の福島にでも行くか、
ということになった。

けれども旅行前日に、
パソコンで安い宿を探すが、
どこも「満室」・・・。


両親や子どもたちが寝た後も、
ネットで宿を探し続けたが見つからないので、

近場の群馬県草津温泉でいいか、
と私は探し疲れて寝てしまったのだった。





翌日はカーナビでを草津温泉に設定して、
朝6時半に出発。

ところが関越自動車道に入ると、
「新潟方面」という文字が飛び込んできた。


父の口から、
「新潟かあ・・・。
新潟は、行ったことがないんだよなあ」
という言葉が出てきた。



その言葉が、
運転している私の脳全体にじんわりとしみわたったころ、

ふと、
「じゃあ、新潟に行く?」
と、私の考えが変わった。


母もそれでいいよとなったので、
群馬県、長野県のガイドブックしか持ってきていなかったけれど、

わが家の行き当たりばったりミステリーツアーの行き先は、
新潟県に変更となったのだった。




その後は、
新潟県のどこに行くか?
で父母と私で話をし、

日本海の見えるところに行くことにした。


それでとりあえず、
「魚のアメ横」で知られ、
佐渡島への船が出ている寺泊(てらどまり)へと目的地が決まった。





その後、

道路のトンネルでは日本最長で、
群馬県と新潟県をまたぐ、
約11キロの関越トンネルの手前で、

運転を弟にかわってもらった。



ところが、
北陸自動車道の中之島見附インターで降りる予定だったのに、

私が助手席で居眠りしている間に、
弟はその一つ先の三条燕インターで降りてしまった。





しかしながら今回の旅行は、
いろんな予定変更のおかげで、

渋滞にほとんど巻き込まれずにすんだ。



たとえば、
福島方面へと東北自動車道を使わずに、
関越自動車道を選んだので、

往きは全くの渋滞なしだった。


そして、
帰宅した際も関越道の25キロの渋滞ですんだ。


帰りの同じ時間、東北道なら、
45キロの渋滞だった。



また寺泊の中心部に向かうのに、
中之島見附インターから越後七浦シーサイドラインを通るが、

三条燕インターで降りてしまったため、
弥彦神社を参拝してから寺泊に行くことで、
やはり渋滞に巻き込まれずにすんでいた。



ちなみにこの弥彦神社は、

NHK大河ドラマ「天地人」の直江兼続(かねつぐ)が、
「義」のために戦うという考え方を学んだ上杉謙信も訪れた神社だ。





さらにシーサイドラインの渋滞にぶつかったときは、
たまたまレストランがあったので、
そこに入った。

入ると混んでいたが、
日本海と信濃川が見えるいい席に案内された。



そして料理が運ばれてくるまで、
入り口に置いてあった観光案内パンフレットを見ていた。

すると翌日、
重要無形民俗文化財に指定されている「牛の角突き」が、
近くで行われることに気がついた。


また寺泊観光協会の電話番号が載っていたので、
電話して今日泊まれる民宿を探してもらった。




おいしい料理を食べ終わる頃には、

翌日は午前中は釣り、
午後は牛の角突きを見ると決まり、

さらに泊まる民宿も決まっていた。





民宿に到着すると、
年に一度の町内祭りが開かれていることもわかった。


私たちは宿に荷物を置くとすぐ、
シーサイドラインで渋滞している車の横を歩いて、

魚のアメ横や祭りを見に行った。





渋滞に巻き込まれずにすんだことで、
観光の時間をたっぷりとることができた。

ラッキーだった。



そして、
あてのないミステリーツアーだからこそ、
楽しめたのかな。

楽しい旅にしようという気持ちがあったから。





人生というミステリーツアーも、
予想できないことが起こる。

どんどん方向転換して、
自分にとって、
居心地のいい場所を見つけたいな。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。