FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月から新しい職場に転職して、
2週間くらいたった頃から、

私はうつっぽくなってきた。



仕事にも少し慣れてきたけれど、
先輩・同僚たちと楽しく仲良く、

ができない。




仕事の優先順位をまちがえて、
先輩・同僚に迷惑をかけたり、

利用者さんをささえきれずに、
ころばせてしまったり(恥)。



失敗が続いたせいもあり、

朝、目覚まし時計がなった後、
布団から起きるのに1時間以上もかかるようになった。




仕事のできないヤツが来た、
と思われただろうな・・・。

私と一緒にいても楽しくないだろうから、
なるべくみんなの話に割り込まずに、
黙っていよう・・・。


などと思って、
ますます職場のみんなにとけ込めず、

私は苦しくなってしまったのだった。




しかしなんとか、
朝早く布団から出たかった。

今日も仕事か・・・という、
憂うつな気分ではなく、
今日も一日楽しもう!と思って目覚めたかった。



だけどね、
毎朝毎朝、目覚まし時計が朝5時半に鳴っても、

トイレに行った後、再び布団にもぐりこんで、
5分おきに鳴る目覚まし時計を何度も何度も止めて、

これから始まる職場での一日を考えないように、
ふてねするのだった。





そんな私の楽しみは、

毎朝、
庭に植えたチューリップや芝桜、ノースポールやデルフィニウムなどに、
水やりをすること。

そして庭の近くを通る人が、
我が家の庭で精一杯咲いている花をどんなふうに眺めるか、
道路側からのぞいてみること。



あるいは、
花の安売りのお店に何度も出かけては、

10鉢、6鉢など、
少しずつ花を買ってきて、
庭の端から順番に花を彩りよく植えていくことだ。





6時半過ぎにようやく布団から、
しかたなく起き出す私は、

冷え性なので、
朝風呂だけは欠かさない。


そして体をあたためてから、
外に出て洗濯物を干すのだ。



洗濯物を干すために庭に出たついでに、
忘れずに花に水をやることにしている。




一昨年に今の中古住宅を購入した際は、
花に水をやるのがめんどうで、

母や父が植えた植物をいくつか枯らせて、
花好きの母を怒らせていた。


それが、
自分がお金を出して花を買うとなったら、

枯らせたらかわいそうだと、
忘れずに水をかけてあげている。




そして夕方、仕事から帰宅して、
庭に車を停める際にまず目に付くのが、

ラナンキュラスやペーパーデージーなどの花たちだ。



静かで何も言わないけれど、

私が仕事で不在中の昼間、
私の家の留守番をしてくれていた花たち。


「おかえり」と言ってくれているようで、
日ごとに慣れ親しい気持ちが深まっていった。





そんな私は、
朝起きれない状態もしかたがない、

と、半分あきらめるようになった。



自分が変われないのだもの。

変えたいのに、
自分を変えられないのだもの。




だけど変わらないままの私でも、
仕事に行くのがおっくうでも、

花屋で何の花をどこに植えようかと考えながら買う花を選んだり、
庭に穴を掘って花を植えたりして、

楽しむ時間を作ることができている。





変わらなくても、いいのかもしれない・・・。


変わろうとあがくことも大事だけど、

変わらないまま、
悩みを抱えたまま、

悩みを忘れる時間をもつことも、
悩み解決の方法かもしれない、

と思い始めたの。



どうしても、
自分を変えられなかったから(苦笑)。





自分を変えようと、
できない努力をして苦しむより、

苦しいまま、
ストレス発散ができる自分の楽しみを、
楽しめるようになろうと今は思っている。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!






スポンサーサイト

コメント

お花はやさしいですよね

まだ慣れない職場で、緊張されて大変かと思います。ものいわぬお花をそんなにも大切にお世話できるかたなら、きっとお優しいかたなのでしょうね。
周りの人も、つまらないひとなどとは思ってないと思いますよ。
きっと、緊張も少しずつ解けて、本来の自分のよさが発揮できるようになりますよ!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。