上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末に、
娘の入っているサッカー部で「6年生を送る会」を開いた。



もうすぐ小学校を卒業する6年生は、
4月からは黒い学生服に身を包んで、

もう、
息子や娘とは違う学校に通うようになる。


今まで何年か一緒に過ごしてきたのに、
こうしてお別れの日が来ると、

成長を喜ぶ気持ちとともに、
残される責任の重さと寂しさに落ち込みそうにもなる。




さて「6年生を送る会」は、
5年生ママが中心になって例年開いているということで、

サッカー部父母の会の会長の私の家に、
5年生ママたちに集まってもらったり、

何度も電話やメールでやり取りして準備した。



あるママが、
当日お借りする公民館のホールに飾り付けをしようと言い出した。

でも、
去年の「6年生を送る会」では、
部屋の飾りつけなどなかったので、

面倒くさがり屋の私は、
そこまでしなくてもいいんじゃないの?
と心の中では思っていた。


折り紙で輪を作ってつなげたり、
ちり紙でお花を作ったりなど、

お金ももらえないのに、
大変な会長職以外にさらにサッカー部に時間を費やしたくなくて、

私は飾り付けの準備はしないで、
他のママたちにお任せした。




それよりも私は、
子どもが以前入っていたサッカー部での「6年生を送る会」のよさが忘れられず、

今のサッカー部でもそのときと同じように、

6年生の子どもたち一人ひとりに、
その子の思い出話を送ってあげたかった。



今のサッカー部ではそれは新しい試みだったが、
5年生ママたちが賛同してくれた。

それで、
5年生ママたちで6年生一人ひとりの思い出話を出し合い、
その子のよさを、
「6年生を送る会」でアピールしてから記念品を渡すことにした。



その日からは、
私が短いスピーチをする6年生の子どもの思い出話を、
他のサッカー部ママたちに聞いて、

どんなふうに話をするか頭を悩ませたり、


また自分が当日、司会をするので、
話の流れを考えるだけで、頭がいっぱいになった。




さて、
「6年生を送る会」の日。


午前中に、
6年生が下級生や父母を相手にサッカーを楽しんでいる間、

私や5年生ママたちは先に公民館に行き、
机やテーブルを並べ始めた。


時間があまりなかったので、
部屋の飾りつけは他のママに任せて、

私は一人のママと一緒に、
予約してあるお弁当やジュース、ケーキなどを買いに行った。



買い物から帰って、
公民館のホールに入ろうとしたら・・・。


入り口に折り紙の輪飾りが、
ドアの上から半円を描いて私を迎えてくれた。


「うわ~」と思いながらホールに入ると、
6年生の座るテーブルにもティッシュの花や輪飾り、

そして天井から、
まるでシャンデリアのように長い輪飾りがたれさがっていた。



美しかった!

華やかだった!




子どもが使う折り紙で、
殺風景な公民館のホールが、

こんなにはなやぐなんて!


折り紙をつなげただけの安物の飾りが、
こんなに人の心を打つなんて!



飾り付けをお任せしてヨカッタ!

と、
自分が飾り付けに関しては何も手伝わなかったことを、
ちょっと後ろめたく思いながらも、


他の人のアイディアをつぶさなくてヨカッタ!

と、
その飾り付けのセンスのよさに感心したのだった。




そうして始まった会は、
司会の私だけでなく、
他の5年生ママも子どもたちに声をかけて会を盛り上げてくれた。

それでも、
司会をする私はとても緊張して、
お弁当がのどを通らなかった。


会が終わったら、
みんながお菓子を食べながらおしゃべりする間に、
私はお弁当を食べようと思っていたけれど、

自分のがんばりに自分で酔ってしまって(苦笑)、

結局お弁当はきれいなまま、
留守番している息子に持ち帰ったのだった。




6年間の「6年生を送る会」の中で、
今回が一番よかったよと言ってくれた6年生ママがいて、

私はそうだろう、そうだろうと自画自賛した。


でも、
私のがんばりだけでなく、

他のママたちのアイディア、がんばり、協力も、
私はうれしかった。



自分もがんばったからこそ、

みんなのがんばり、協力も素直に受け入れることができたから。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!


スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。