FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が父母の会会長を勤めているサッカー部の来年度、
つまり、
今年の4月からの方針を、

保護者を集めての総会で決めた。




私が会長になって1年。

自分の息子をはじめ、
退部する人が多い1年だった。

そしてまた、
途中で入部する人も何人もいた。


その結果、
今の6年生が卒業すると、
4月に新6年生、新5年生になる部員がとても少なくて、
6人しかいない。

1チーム11人必要なのに、だ。


したがって、
残りの5人を新4年生から出してもらわなければならない。

新4年生は10人もいるのだが、
ただし、
一つ問題がある。



実は新4年生で出場できる試合は、
1チーム8人制だ。

市の大会などは、
新4年生は新6年生以下や新5年生以下の試合に一緒に出たり、
新4年生以下の試合にも出たりと、
3つの試合に出ることができる。


しかし、
1年間の大会でいちばん大きな県大会だけは、
6年生以下11人制のトップチームで出場するか、
4年生以下8人制のジュニアチームで出場するかのどちらかを、
新4年生は選ばなければならない。

新4年生がトップチームで出るか、
ジュニアチームで出たいかで、
部の来年度の方針も変わる。



だけど私は、
いきなり総会でみんなの意見を聞いても、
まとまらないだろうし、

低学年の保護者は、
高学年の保護者の前で本音を言いにくいだろうと思っていた。


それで私は、
総会の数日前に、
新6年、新5年のママたちを私の家に集めた。

新4年生に、
県大会に一緒に出ようよと誘うか、

新6年生は他のチームに混ぜてもらって県大会に出場するか、
どうしようかと。



高学年ママたちは、
県大会に自分のチームでわが子たちを出たいけれど、
新4年生が人数が多いので遠慮する気持ちもあった。

でもいろいろ話をして、
監督にも電話して、

やっぱり新4年生にお願いして、
トップチームで出たいという気持ちを確認し合った。




その翌日、
私は新4年生のママたちを集めて、

新4年生はどうしたいか話を聞いた。


私は、
新4年生が新6,5年生と一緒に出ると言ってくれると思っていた。

ところが、
2学年違う試合に出るのは実力的に迷惑をかけてしまうとか、
試合数が多くなるので大変だとか、

県大会に出るほどうまくないとか、
練習をよく休むので県大会に出るのは申し訳ないとか、
いろいろ意見が出てきた。


結局、
新6,5年生と一緒に県大会にいってもいいと言うママは、
二人しかいなかった。



11人制なのに、
新6,5年6人に、新4年2人を合わせても、
8人にしかならない。

あ~、
トップチームで県大会に出るのは来年度はムリか・・・

と、正直落ち込んだ。



私の息子は退部したけれど、

私は会長として、
新6年生を県大会に出させてやりたかった。


弱いチームで、
それでも毎週毎週、何時間も練習しているのに、
試合に出ても、いつもいつもボロ負けばかりだけど、

私は来年は中学生になる新6年生に、
晴れ舞台を踏ませてやりたかった。


そういう会長として気持ちも話したけれど、
伝わらなかったようだ。



新6年生のママとその後、何度も電話やメールをして、
思わず自分は、
新4年生ママたちを恨みそうになった。

でも、
うらむのは筋違い。


新4年生ママたちは、
本音を話してくれたのだ。

しょうがないじゃないか、
と気持ちをなだめたのだった。





でもね、奇跡が起きたの。

その数日後の総会で、
新4年生ママたちがこんな話をしてくれた。


「子どもに聞いたら、

『新6,5年生は人数が少ないから、
自分たち新4年が一緒に行くのは当然だ』と言ったので、

トップチームで参加します」



「子どもが、

『新6、5年生が、
新4年の自分たちに一緒に行ってほしいなら自分は行く』

と言ったので、トップチームで行きます」




新4年のママたちに聞いたら、
集まりの後もずっと考えて、悩んでいたと言う。

自分たち新4年のことばかり考えていたけど、
いつもお世話になっている新6,5年にわるいなあと。




総会では、
来年度の県大会は、トップチームで参加することに決まった。

涙が出るほど、うれしかった。


一時は落ち込んだけれど、
でも本音が出た後でみんなで決めたことなので、

新シーズンが始まっても、
ゴチャゴチャした文句は出ないだろうと思い、

こういう流れで決まってよかったのだと思えた。






誰でも、
自分を大事に思う気持ちと相手に感謝する気持ちの両方を持っている。

どちらも大切。


そして、
どちらの気持ちも相手に伝えることで、
いい方向に流れていくのだと感じた。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。