上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老人福祉施設で、
パートのヘルパーとして働いているが、

時給の安さにかかわらず、
一生懸命働こうと思っている。




それは以前テレビで、

「どうせ働くなら、
時給800円分以上働こうと考えた」

という、
駅のコンビニで働く女性パートの話を聞いたからだ。



彼女のおかげで、
駅弁の売り上げはうなぎ登りになったという。




その話を見たとき、
驚いた。

だって私は、
「800円分しか、働きたくない」
と思っていたから。



それまでも、
決してサボっていたことも、
がんばらないこともなかったけれど、

それからは、
”より以上”をめざして仕事をしようと考えた。





それにしても、
今の老人福祉施設の職場では、
いろんな新しい仕事に挑戦せざるを得なかった。




たとえば入浴介助での、
男性のひげそりは初体験だった。


前の介護施設では、
男性職員がひげそりをしていたし、

今までも夫のひげそりさえしたことがなかったのに!




顔を切ってしまわないかとドキドキしながらも、
T字型の安全かみそりを持ち、

ひげがちゃんとそれたか、
鼻の下やあごを指でさわって確認しながら、
それるようになった。





あるいは、
利用者の自宅から福祉施設までの送迎。


サッカー部の父母の会会長をしていたとき、
宇都宮や群馬、埼玉まで監督を乗せて、
運転はしていたけれど、

仕事で運転するのは初めて!



自分が送迎する前日に、
先輩に車で、
送迎先まで連れて行ってもらいながら、

40人以上の自宅を覚えた。



しかし先輩に連れて行ってもらえないときは、
場所を地図で調べて先輩に行き方を聞き、

仕事帰りに1時間も下見に出かけたり、

休日の朝5時半に家を出て、
道路が混雑しないうちに下見したりした。




またと~っても狭い道もあり、
それは、
左右のドアミラーを閉じないと通り抜けられないほど(涙)!!

そんな2メートルも幅のない、
信じられないほど狭い道も、
こすらずに通り抜けられた。






あるいは、
スポーツジムのトレーナーのような仕事もある。


リハビリのためのトレーニング指導もするので、
いくつかのジム機械の操作方法も覚えた。





はたまた、
利用者を楽しませるために、

みんなの輪の中で「あんたがさどこさ」とまりつきをしたり、
レストランに外食に出かけたり、
車椅子を積んで、花見に出かけたりしている・・・。
 


しかしそれどころか先輩職員は、
金髪のカツラをかぶって歌謡ショーをしたり、
ドレスを着て手品を見せたり!


自分もいつか、
歌って踊らなければならないかと思うと・・・、

ちょっと楽しみ!?







先日、先輩職員に、

「私は怒られるのがこわくて、
ワ~ッて自分の感情を出せないんです」

と話したら、

「この職場で、はじけたらいいね」
と言われた。





そうだね、

はじけて、
居心地のいい自分でいつもいられるようになれたらいいな。




ということで、
入浴介護で1回に10人以上の利用者の洗髪や体を洗うのに、
汗びっしょりになってきたので、

離婚以来7年間伸ばしてきたストレートヘアを、
30センチくらい切ってしまった。




思い描いていた、
”ショートヘアでかわいくなるはずの自分”とはかなり違って、

鏡を見てはがっかりしするのだけれど。




ま、
来週もクイズを出して利用者を楽しませる企画があるので、

明日の休みには図書館で、
クイズ本を何冊か借りてくるつもり。






時給以上にがんばって、
パートで働く以外の時間も仕事のことを考えていれば、

何かいいことが起きるかも♪



と思って、がんばって楽しもうとしている。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!


スポンサーサイト
仕事休みの平日に、
先週同様、群馬県赤城山のツツジでも見に行こうかと、
交差点を直進したとき、


バアーンッ!!





恥ずかしいくらいの大きな音がした。



車は動いていたけど、
破損していないかとすぐそばの店の駐車場に車を停めた。

そうしたらね、
左前輪のタイヤがパンクしていたの!



あ~あ~。

シュルシュルシュル~って、
体も心も、お財布も小さくしぼんでいく感じがしたわ(笑)。




その自損事故の30分前に、
市役所の駐車場係りのおじさんに、

「運転うまいね」

とほめられたので、
浮ついた気分で運転して、

タイヤホイールを縁石にぶつけたのだった。



トホホ。






保険会社に電話する前に、
車を買ったトヨタの営業マンの携帯に電話した。


私はその営業マンは気に入っていなくて、
本当は他の営業マンに担当してほしかったのだが(謝)、

担当なので彼に電話すると、
すぐ事故現場に来てくれることになった。


あ~、
心強かった。




それから保険会社に電話して、
スペアタイヤに交換してもらった。

さらに縁石がわずかに欠けていたので、
群馬県警に電話して修理が必要か見てもらった。






とりあえずスペアタイヤで自宅に戻ると、
昼過ぎだった。


トヨタで部品を取り寄せて修理がなおるまでの数日間は、

ノーマルタイヤの半分の厚みしかない、
スペアタイヤの車で運転したくなかったので、

歩いて、
近所のワイナリーのレストランに食べに出かけた。




テラス席は、
ブドウ畑の斜面が正面に見えるいい席だった。


パスタランチを頼むと、
まずは、

オレンジのパプリカやセロリ、水菜などのサラダが、
彩りよく盛られて私のテーブルに届けられた。

フレンチドレッシングのすっぱさが絶妙だった。




食後に、
「AneCan」専属モデルの押切もえの本を読みながら、

チーズケーキとたんぽぽコーヒーを頼んだ。






居眠りしながら本を読み、
等間隔に植えられたブドウの木々を眺めている自分。


午前中に自損事故を起こしたおかげで、
赤城山に行かずに、

自宅そばのおしゃれなレストランでランチできた自分。




もしかしたら小さな事故は、
大きな事故や不幸が起きないように、

ちょこちょこと起きてくれるものなのかなあと思った。



というのも、
介護ヘルパーで新しい職場に入って2ヵ月半。

仕事にも慣れて、
毎日の繰り返しに飽きを感じ始めた頃でもあった。



私のだれた気持ちを、
事故が引き締めてくれたくれたのかもしれない。






さて、
ワイナリーのショップで、
事故現場まで来てくれた営業マンに渡すために、

おいしいレーズンサンドクッキーを買い、
私はまた歩いて、自宅に戻った。





夕方に営業マンから電話があり、
部品が届いたという。



私はレーズンサンドクッキーを持って修理に向かい、

ついでに燃費がリッター38キロという、
新型プリウスの運転席に座って、
どこが新しく改良されたのか、

エコカーはどれくらい減税されるのかを聞いた。



ガゾリン代がまた2円上がっていて、
ハイブリッドカーの燃費がうらやましかったな。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!






老人介護福祉施設で、
ヘルパー(介護職員)として働く私は、
毎日ヘトヘトだ。



人間相手の仕事なのでおもしろい反面、

年配者の体の痛みやまひ、
その日の体調などをみながら歩行解除やリハビリしたりするので、
とても緊張する。



それに気がまわらないことが多いので、

同じヘルパーの同僚や上司に迷惑をかけていないか、
悪口を言われていないか、
ビクビクしてばかり。





さて、
ゴールデンウィークで2連休したときは、
1泊旅行に出かけて楽しかったのだが、

そのあと5日間続けて仕事が続き、
とっても疲れてしまった。



今日の仕事が終わるまで、あと○時間だ・・・。

早く休日にならないかなあ。

と、
そんなことを考えることが多かった。




そんなとき、
塩風呂に入ると浄化されるという話を読んだ。

それで、
さっそく塩1キロ105円を買ってきた。


すぐに効果がほしいときは、
1キロ入れるといいと書いてあったので、
湯船に塩一袋を入れてみた。



う~ん、
なんだか気持ちも身体も軽くなったみたい!




それでまた塩1キロを買いに行き、
浴槽に1キロ入れてみると、

なんだかお湯の透明度が増したように見える。


息子も、
塩風呂の方が体があったまる気がすると言った。





モノで自分の心身が浄化されるのを、
ハッキリ体験できたのは新鮮な感動だった。

波動って本当にあるのかも、
と思ったりした。





その後ホ・オポノポノの本を読み、
自分の気持ちを落ち着けることができるようになった。


たとえば朝、
「7時15分だよ」と声をかけても布団から出ない子どもたちに、
頭にきてどなり始めた自分に、

「ごめんなさい。
許してください。
ありがとう。
愛しています」

と心の中でとなえる。



職場でも、

あ~、失敗しちゃった、
陰で悪口を言われているかもしれないなあ、
トホホ・・・

と思い始めたらすぐに、
4つの言葉を心の中で言う。


ただ、
この4つの単語を言ってみるだけ。




だけど言ってみると、
心の中の怒りや悲しみが少しおさまるんだ。





今までも、
「ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」
と繰り返し心の中で言ったり、

「ツイテル!ツイテル!」
と思うようにしてきたつもりだったけど、

いつの間にか忘れて、
効果があったように思えなかった。



でも今回は自分の中に、
こんな自分ではいたくないという気持ち、

子どもに怒ってばかりとか、
劣等感ばかり浮かぶときに、

すぐにいい言葉を心の中で言うようにしている点が違う。




子どもが遅刻しないように心配で怒っている自分、

でも本当は子どもへの愛情から、
目覚まし時計が鳴っているのに起きないから、
起こしてあげようとしているだけで、

どなりたいわけじゃない。



そんな自分に、

やさしくしたかったのに怒ってしまって、ごめんなさい
怒りたいわけじゃないのに、許してください

子どもを心配してくれて、ありがとう
がんばっている自分を愛しています


というようなメッセージを伝えているから、
気持ちがいやされるのかもしれない。



言葉で浄化される体験だった。





これからも自分を浄化し、
心身ともにクリーニングして、

豊かに楽しく暮らして生きたい。




 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!




昨夜は、
夕食を食べにリニューアルしたレストランに行きましたが、
強烈な印象でした。


真っ白いお皿に豪華に盛り付けて、
見た目がきれいでしたが、

あまりにも大人向けのコース料理で、
息子と娘が食べられないものが多かったのです(涙)。



根菜類の入ったサラダや、
グリーンピースのスープ、
たくさんの赤いベリーで飾られたデザート

を、子どもが残し、
私が3人分食べて、私はメインディッシュ以外だけで満腹でした。



それでも息子は、
ゴルゴンゾーラチーズ(青かびのチーズ)のクリームソースパスタを、
おいしいと食べてくれたので、
とりあえずおなかはいっぱいになったようで、
ホッとしました。



ゴールデンウィークは、
ミステリーツアーに行ってきた。



といっても、
団体旅行のミステリーツアーではなく、

あて先が決まらないまま車で出発した、
わが家6人での家族旅行だった。




というのも私の職場は、
全員一緒に決まった曜日に休むわけではないので、
翌月の勤務の休みが決まるのがとても遅い。

5月の各人の休みがわかったのは、
4月の最後の日だった。


それから1泊旅行の行く先を考え始めたので、
どこに行くか、
なかなか決まらなかったのだ。




母は、
「どうせなら、山形でも行こうか」
と言った。

でも栃木から出発しても、
ETC割引1000円での大渋滞が予想される中、
山形に行くのは遠い。


それじゃあ、
その手前の福島にでも行くか、
ということになった。

けれども旅行前日に、
パソコンで安い宿を探すが、
どこも「満室」・・・。


両親や子どもたちが寝た後も、
ネットで宿を探し続けたが見つからないので、

近場の群馬県草津温泉でいいか、
と私は探し疲れて寝てしまったのだった。





翌日はカーナビでを草津温泉に設定して、
朝6時半に出発。

ところが関越自動車道に入ると、
「新潟方面」という文字が飛び込んできた。


父の口から、
「新潟かあ・・・。
新潟は、行ったことがないんだよなあ」
という言葉が出てきた。



その言葉が、
運転している私の脳全体にじんわりとしみわたったころ、

ふと、
「じゃあ、新潟に行く?」
と、私の考えが変わった。


母もそれでいいよとなったので、
群馬県、長野県のガイドブックしか持ってきていなかったけれど、

わが家の行き当たりばったりミステリーツアーの行き先は、
新潟県に変更となったのだった。




その後は、
新潟県のどこに行くか?
で父母と私で話をし、

日本海の見えるところに行くことにした。


それでとりあえず、
「魚のアメ横」で知られ、
佐渡島への船が出ている寺泊(てらどまり)へと目的地が決まった。





その後、

道路のトンネルでは日本最長で、
群馬県と新潟県をまたぐ、
約11キロの関越トンネルの手前で、

運転を弟にかわってもらった。



ところが、
北陸自動車道の中之島見附インターで降りる予定だったのに、

私が助手席で居眠りしている間に、
弟はその一つ先の三条燕インターで降りてしまった。





しかしながら今回の旅行は、
いろんな予定変更のおかげで、

渋滞にほとんど巻き込まれずにすんだ。



たとえば、
福島方面へと東北自動車道を使わずに、
関越自動車道を選んだので、

往きは全くの渋滞なしだった。


そして、
帰宅した際も関越道の25キロの渋滞ですんだ。


帰りの同じ時間、東北道なら、
45キロの渋滞だった。



また寺泊の中心部に向かうのに、
中之島見附インターから越後七浦シーサイドラインを通るが、

三条燕インターで降りてしまったため、
弥彦神社を参拝してから寺泊に行くことで、
やはり渋滞に巻き込まれずにすんでいた。



ちなみにこの弥彦神社は、

NHK大河ドラマ「天地人」の直江兼続(かねつぐ)が、
「義」のために戦うという考え方を学んだ上杉謙信も訪れた神社だ。





さらにシーサイドラインの渋滞にぶつかったときは、
たまたまレストランがあったので、
そこに入った。

入ると混んでいたが、
日本海と信濃川が見えるいい席に案内された。



そして料理が運ばれてくるまで、
入り口に置いてあった観光案内パンフレットを見ていた。

すると翌日、
重要無形民俗文化財に指定されている「牛の角突き」が、
近くで行われることに気がついた。


また寺泊観光協会の電話番号が載っていたので、
電話して今日泊まれる民宿を探してもらった。




おいしい料理を食べ終わる頃には、

翌日は午前中は釣り、
午後は牛の角突きを見ると決まり、

さらに泊まる民宿も決まっていた。





民宿に到着すると、
年に一度の町内祭りが開かれていることもわかった。


私たちは宿に荷物を置くとすぐ、
シーサイドラインで渋滞している車の横を歩いて、

魚のアメ横や祭りを見に行った。





渋滞に巻き込まれずにすんだことで、
観光の時間をたっぷりとることができた。

ラッキーだった。



そして、
あてのないミステリーツアーだからこそ、
楽しめたのかな。

楽しい旅にしようという気持ちがあったから。





人生というミステリーツアーも、
予想できないことが起こる。

どんどん方向転換して、
自分にとって、
居心地のいい場所を見つけたいな。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!


昨年、車を買ってから、
行動範囲が広がった。

栃木の自宅から、
埼玉や福島、長野まで日帰り、または1泊で、
よく出かけるようになった。



先日も、
福島県三春町の三春滝桜(たきざくら)を見に行った。

会社の人が日本三大桜の一つである三春滝桜を見に行き、
ちょうど満開だったよと教えてくれたからである。




ところで私の職場は、
日曜日と平日1日が休みの週休2日だ。

平日は子どもたちは小学校に行くのだが、
私が休みの日、
娘の歯医者の予約が夕方に入っていた。


歯医者には行くが、
三春滝桜もこの満開の時期を逃さずに見に行きたかった。

実は、
前から行ってみたいと思っていたから。



でも遠いから行けないと思っていたのに、
会社の人が3時間かからなかったというので、

思い切って、
朝5時半に家を出た。

歯医者の予約の3時半までに帰宅するために。



しかも、
まだ寝ている子どもたちを残して。

トンデモナイ母親だよね(苦笑)。




一応断っておくと、
子どもだけを自宅に残して、自分だけが遊びに行くのは、

12年間、
息子が生まれてから今までしたことがない。


ただ今回は、
桜の開花に合わせて、
どうしても行きたかったから出かけたのだ。


だけど、
くせになっちゃいそう。

朝早く出ると道路もすいているし、
平日なら観光地も混雑していないし、ネ。





ちなみに、
三春滝桜はとてもステキだった。

樹齢1000年の桜は、
1本なのに4~5本分の桜の花の分量があった。


三春滝桜は桜の木としては、
初めて天然記念物に指定された名木で、

皇居に飾られている絵のモデルにもなっている。


旅行のパンフレットにもよく登場するが、
やはり実物を見るのとでは感動が違う。

子どもを置いてでも、
行ってよかった。





また今週は、
自分の勤務している老人福祉施設で、
利用者さんを毎日、芝桜の見物に連れ出している。


月曜、火曜とでは、
天気の関係で違う場所に行ったのだが、

私は芝桜の満開の美しさに目を奪われた。


一面の濃いピンク、薄桃色、まっ白、赤・・・。



芝桜も、
一度見てみたいと思っていたが、

仕事で願いがかなうなんて、
なんてラッキーなんだ!





さらに利用者さんの中に、
花がきれいに咲く場所に詳しい人がいて、
いろいろ教えてもらっている。


おかげで、
群馬県館林市の「世界一こいのぼりの里まつり」に、
桜の時期に出かけて、

川や沼に何千匹とはためく鯉のぼりを見ることもできた。


また埼玉県長瀞(ながとろ)の桜も、
その方に近道などを教えてもらって出かけた。




しかしそれらも、
自分がひとりで、
長瀞の荒川ライン下りに出かけたことがきっかけだった。

出かけた話をしたら、
どんどんいろんな情報が入るようになったのだ。



三春滝桜に出かけた会社の人が、
私にこう言った。

「行動すれば、
いろんな情報が得られるから」





行きたいところには、
これからも行ってみよう。


自分の行きたい場所と、
小学生に成長した子どもたちの行きたい所が違ってきたから、

平日休みがあるこの職場は、
私が子どもから離れてひとりで出かけるには最適だ。


遊ぶのに、
ピッタリな職場を私は選べていたんだね(笑)!



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!






私はずっと母を恨んでいた。

誰からも好かれないような、
こんな自分に育てた母が憎かった。



母からは、
ヒステリー声でどなられたり、
手伝いをしても成績が上がってもいつもダメ出しをくらったりだった。

何をしてもほめられず、認められずだった。



だけどね、
やっとわかったの。

本当は母ではなく、
母に認められない、ほめられない自分を憎んでいたって。




母は料理は上手だし、
掃除好き、
近所づきあいも上手で、

良妻賢母だった。


そんなパーフェクトな母にしかられる自分は、
母が悪いのではなく、
自分の出来が悪いのだと思った。



なぜ、
母によくやったと言われるような自分になれないのか。

どうして、
いつも怒られるような中途半端なことしかできないのか。



大好きな母を喜ばせられない自分を、
憎んだ。

母に怒られてばかりの自分が、
情けなかった。

いつもうまくいかない自分が、
きらいだった。




だけど、
母を許したつもりでいた自分が,

なんだかまだ、しっくりうまくいかなかったのは、

自分で自分を嫌っていたからだとわかって、
ようやく心が落ち着いてきた。



自分で自分を憎んでいたから、

他人に気に入られるように、
ビクビクオドオドしながら生きてきた。


自分が感じたことをしっかり味わうよりも、
まわりの人に「いい人」と思われるように行動するほうが、
大事だった。



だからいつも、
自分が何を感じているのか、

何が楽しいのか、
わからなくなっていた。


何も感情がない無表情の人のように、
自分の心が空っぽのように感じられていた。


本当は、
心の中にいろんな気持ちがいっぱい詰まっていたのに。

出さずにためこんでいたから、
腐ってさえいたのに。





3月から新しい職場に入ったけれど、
今までのどの職場とも同じで、

なじめない自分、
同僚や先輩に気に入ってもらえない自分を感じて、
孤独だった。



だけど、
いい人ぶらなくていいとわかったから、

私の心は空っぽじゃないと理解したから、

自分の心にわきおこる感情を一つずつ味わったり、
職場の人に話してみたりできるようになってきた。



たとえば、
休憩室でおしゃべりしている同僚に気兼ねして、

そのおしゃべりが終わるまで、
話しかけられなかったけれど。



今は休憩室に入ってすぐに、

「あ~、おなかすいた~」
と、自分の今の気持ちを小声で出すようにしている。


誰にも聞かれなくても、いい。

まずは、
自分の感じたことを声にして出すことの練習だ。




またたとえば、
仕事が忙しいとき。

私は一人で大忙しなのに、
同僚が仲良し同士で集まっておしゃべりしている。


以前なら、
むかついていただけだった。


でも今は、
「おしゃべりしているなら、私を手伝ってほしいなあ」
とか、

「私も一緒におしゃべりしたいなあ」
などと、

自分の気持ちをくみとるようになった。





今まで、
自分の気持ちを職場で誰にも話せずにいたし、

誰も私に興味を持ってくれないと、
勝手に孤独感を感じていたけれど、


自分の気持ちを自分で理解してあげて、
自分の気持ちを声に出すことをしていたら、

孤独じゃないような気がしてきた。




自分が自分の感情のよき理解者になれると、
人間は心が落ち着いて、

やっと”人並みな生活”が送れるのかもしれない。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!




近くに、
世界遺産登録を希望している遺跡があります。


そこで今日明日限りのイベントが行われ、
遺跡のまわりにロウソクを照らす夜のお祭りに出かけてきました。

仕事が終わった後だったのでお祭りも終わる頃で、
かけうどんも100円引きになっていました♪

よもぎ、ごぼう、かき揚げの天ぷらも、
うれしい100円でした。


あ、
ロウソクで飾られた夜景も、
ステキでした。



明日もまた、
出かけて行く予定です(笑)。




 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。