上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が働く職場では、
着る服に色の指定があった。


上は、みんなおそろいの薄い水色のシャツ。

パンツはどのメーカーでもいいが、
薄いグレー。



働く前に、
グレーのパンツは2枚、ユニクロで購入した。

だけど制服のシャツは値が高かったので、
職場では注文しなかった。


とりあえず、
白っぽいシャツを着ればいいと言われ、
私は青や桃色のシャツを着ていった。



でも働き出して2週間もすると、

自分だけ、
違うシャツを着ていることに抵抗感が出てきた。


それでお昼休みに、
制服を買おうかと思うと同僚・先輩に話をしたら、

「3ヶ月たってからで、いいんじゃないの?」

と言われた。




そうか。

仕事を長く続けられるか、わからないものね。





そんなことがあってから、
私はシャツは自分好みの色を着るようになった。

濃いピンクや紺などだ。



それが、
4月から新しく変わった上司に、


「そろそろ、
制服を注文しましょうか」
とか、


「注文したシャツが届くまで、
白っぽいシャツを着ましょうか。

ハデな色を着ていると言われる前に、ね」

と注意されてしまった。



白っぽいシャツをと言われたのに、
気がゆるんで、

職場の制服の色とは違う、
自分好みの色を着るようになってしまったことを恥ずかしく思って、

上司にすみませんと謝った。



すると上司は、

「今まで誰も、
白っぽいのを着るようにとちゃんと説明しなかったんだから、
大丈夫ですよ」

とやさしく言ってくれた。



私はあいまいにうなずきながら、

実は以前に、
前の上司に白っぽいシャツをと言われていたことは、
隠して言わなかった(恥)。



そしてさらに上司は、

「髪をしばっているゴムもピンクではなく、
ハデではないものにした方がいいですね」

と私に言った。




私はそれまでオレンジが好きだったが、
昨年秋から濃いピンクが好きになり、

シャツもジャンパーも髪ゴムも、
濃いピンクにしていた。


職場ではく室内シューズも、
黒地に濃いピンクのナイキマークが入ったものを、
わざわざ選んで買っていた。



色の意味を調べたら、
濃いピンクには疲れている自分を癒す効果があると書かれてあり、

あ~、私って疲れているのか~

と、当たっているような印象をもった。




しかし、
上司に注意されてとても恥ずかしかった私は、

その晩、ユニクロに出かけて、
白っぽいシャツを買ってきたのだった。





私には、
一度言われた指示を自分勝手にルール変更してしまう癖がある。



このくらい、いいじゃないか。

少しくらい、変えたっていいじゃないか。


と、
職場に合わせずに自分のやり方を押し通してしまうのだ。



しばらくは誰も何も注意しないから、
それでいいのだと思い込んでしまう私。


職場を乱していることに気がつかない、
恥ずかしい私・・・。




でも、
注意してくれる人がいるというのは、
ありがたいことだ。

私のいいところは、
注意されたらとりあえずすぐに謝って、
自分を変えようとするところ。



そういう素直さは長所であるが、

他人に言われる前に、
ちょっと私を見る目がおかしいな、と感じたら、

注意されるまで開き直って我を通すのを、
やめなくちゃ(大恥)。



みんなで一緒にがんばっている職場だから、
洋服一つ、髪飾り一つでもみんなに合わせて、
とけこもう。

プライベートと職場での服装を、
ちゃんとわけて考えなくちゃね。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!




今日は久しぶりの仕事休みですが、
朝6時に家を出て、
娘のサッカーの大会に行きます。

仕事に行くより早起きしなくちゃならないなんて、
ねぼすけの私には、
とっても大変です(涙)。




スポンサーサイト

テーマ : 自分を磨こう! - ジャンル : ライフ

3月から新しい職場に転職して、
2週間くらいたった頃から、

私はうつっぽくなってきた。



仕事にも少し慣れてきたけれど、
先輩・同僚たちと楽しく仲良く、

ができない。




仕事の優先順位をまちがえて、
先輩・同僚に迷惑をかけたり、

利用者さんをささえきれずに、
ころばせてしまったり(恥)。



失敗が続いたせいもあり、

朝、目覚まし時計がなった後、
布団から起きるのに1時間以上もかかるようになった。




仕事のできないヤツが来た、
と思われただろうな・・・。

私と一緒にいても楽しくないだろうから、
なるべくみんなの話に割り込まずに、
黙っていよう・・・。


などと思って、
ますます職場のみんなにとけ込めず、

私は苦しくなってしまったのだった。




しかしなんとか、
朝早く布団から出たかった。

今日も仕事か・・・という、
憂うつな気分ではなく、
今日も一日楽しもう!と思って目覚めたかった。



だけどね、
毎朝毎朝、目覚まし時計が朝5時半に鳴っても、

トイレに行った後、再び布団にもぐりこんで、
5分おきに鳴る目覚まし時計を何度も何度も止めて、

これから始まる職場での一日を考えないように、
ふてねするのだった。





そんな私の楽しみは、

毎朝、
庭に植えたチューリップや芝桜、ノースポールやデルフィニウムなどに、
水やりをすること。

そして庭の近くを通る人が、
我が家の庭で精一杯咲いている花をどんなふうに眺めるか、
道路側からのぞいてみること。



あるいは、
花の安売りのお店に何度も出かけては、

10鉢、6鉢など、
少しずつ花を買ってきて、
庭の端から順番に花を彩りよく植えていくことだ。





6時半過ぎにようやく布団から、
しかたなく起き出す私は、

冷え性なので、
朝風呂だけは欠かさない。


そして体をあたためてから、
外に出て洗濯物を干すのだ。



洗濯物を干すために庭に出たついでに、
忘れずに花に水をやることにしている。




一昨年に今の中古住宅を購入した際は、
花に水をやるのがめんどうで、

母や父が植えた植物をいくつか枯らせて、
花好きの母を怒らせていた。


それが、
自分がお金を出して花を買うとなったら、

枯らせたらかわいそうだと、
忘れずに水をかけてあげている。




そして夕方、仕事から帰宅して、
庭に車を停める際にまず目に付くのが、

ラナンキュラスやペーパーデージーなどの花たちだ。



静かで何も言わないけれど、

私が仕事で不在中の昼間、
私の家の留守番をしてくれていた花たち。


「おかえり」と言ってくれているようで、
日ごとに慣れ親しい気持ちが深まっていった。





そんな私は、
朝起きれない状態もしかたがない、

と、半分あきらめるようになった。



自分が変われないのだもの。

変えたいのに、
自分を変えられないのだもの。




だけど変わらないままの私でも、
仕事に行くのがおっくうでも、

花屋で何の花をどこに植えようかと考えながら買う花を選んだり、
庭に穴を掘って花を植えたりして、

楽しむ時間を作ることができている。





変わらなくても、いいのかもしれない・・・。


変わろうとあがくことも大事だけど、

変わらないまま、
悩みを抱えたまま、

悩みを忘れる時間をもつことも、
悩み解決の方法かもしれない、

と思い始めたの。



どうしても、
自分を変えられなかったから(苦笑)。





自分を変えようと、
できない努力をして苦しむより、

苦しいまま、
ストレス発散ができる自分の楽しみを、
楽しめるようになろうと今は思っている。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!






 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。