上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、

安全、
環境にやさしい、
カラダにいい

という言葉に弱い。


だから、
エコ製品や無農薬玄米、有機野菜、有害物質の入っていない洗剤などを買う。

高くても、買う。


毎月、何万円も買ってきた。



でもね、

「私の体には有害物質が作用しない」

と自分にアファメーションし、
どんなに体に悪いものを取り入れても体に残らず、
すべて排泄される身体を手に入れた人がいた。


そのコツを聞いたとき、

あ~、やられた~

と思った。


そんな魔よけがあったんだ~!

という気持ち。




実はね、
このメルマガにも、
私は魔よけをかけている。

言葉の魔よけだよ。

毎週同じ言葉を書いているんだけど、
どの言葉かわかるかな(笑)?



さて、
私は何年もこのメルマガを書いているけれど、
どんなふうに読んだ人に受け取られるか、
こわい気持ちも多分にあった。

でも、
自分を高めるためにも、
読んでくださる人からの批判や厳しい言葉も受けとめるべきだ、
とも思った。


けれどね、
批判メールを見たら、きっと私はへこむ。

批判を気にして、
思いっきり自由にメルマガを書けなくなると思った。


だから、
私を応援してくれるメールしか受け取りたくない、
と決めたの。

私に賛同してくれる人ばかりがこのメルマガを読んでくれる、
と思い込むことにしたの。


そのための文章が、
編集後記のいちばん最初に必ず書いている文章、

「今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!」

だ。



だから、
私への返信は応援メールしか来ない。

この言葉、
本当に魔よけになっているんだ。



言葉で人生が変わるなんて、
本当かな?と思っていたけれど、

既に自分で応用していたなあ。




ところで、
「私はできる!私はキレイ♪ダンナは素敵♪」

と、
毎日唱えていた知人がいる。


自分に向かって、
「私って天才!」とか、
「私はモテモテ」などとアファメーションすると、
ヤラセっぽくて、言い続けられなかったけれど、

まわりの人をほめたらいいんだね。


「うちの子どもは、人生を楽しんでいる!」とか、
「私のまわりは美人ばっかり♪」とか、
「前向きな人ばかりがまわりに集まる」とか。


潜在意識は、
それらをすべて私のことに当てはめて考えてくれるからね。

私は人生を楽しんでいる
私は美人
私は前向き

と。



自分が心から納得できる魔よけの言葉、
見つけられたら、最強の人生が送れるね!



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!


子どもが元夫宅に泊まりに行ったので、
映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 」を観てきました。


大好きなジュリア・ロバーツが出ていたので見に行ったのですが、
ソ連のアフガニスタン侵攻、
そして冷戦終結にいたる経緯を初めて知りました。

しかも、実話!



でも、実話が世に出る前に、
30年も時間がかかっているなんて、

まだまだ情報公開できない秘密がこの世にはいっぱいあるんだな~
と思いました。




スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

枠をはずせ、
とか、

自分の殻を破れ、
とか、よく聞くよね。


頭では、
枠(=今の小さな自分)から、
大きな自分に変われたらすごいなと思うけど、

実際にはどうすればいいかわからなかった。


ただ、
すごくつらいことや苦しいことをしたり、
いっぱいがまんしないと、
自分は変われないし、変わっちゃいけないと思い込んでいた。



だけど先日、
苦しいことを糧にして成長できる人はほとんどいないよ
と教えてもらったの。

苦しいときは逃げていいし、
楽しいことだけやって人間的成長もできるんだよ、と。


え~?
徳川家康のようにがまんして、ツライ経験しないと、
ダメだと思っていた。



そんなとき、
夢をいつまでにかなえると期限を決めようというCDを聞いた。


私ね、
今の12畳のリビングじゃ狭いと思っている。

やっと手に入れた、自分の家。

中古住宅だけど、持ち家を手に入れて、
それでも狭いと不満を言うなんて、
ずうずうしかもしれない。



だけど、
私的にはもっともっと広い空間が必要なの。
ほしいの。

だって、2階に子ども部屋が二部屋あるのに、
子どもたちは1階のリビングに3枚布団を敷いて、
私と一緒に寝るのだ。

だから、
リビングに散らかったランドセルや教科書、
マンガ本や遠足の用意をするためのリュックなどを片付けないと、
毎晩布団が敷けない。


布団を敷くために、
子どもに「片付けろ~!!」と毎晩、どなっている。

やりかけのことを散らかしたままで、
布団を敷けるスペースがほしいの(笑)。


だから、今の4倍のリビングがほしい。

でも、4倍の48畳じゃないのは、
昔、保阪尚輝が40畳リビング付のマンションに住んでいると聞いて、
うらやましかったから(爆)。



で、決めたの。

息子が小6になるまでに、
40畳のリビングのある家に住みたいって。




私が今の中古住宅を買えたのは、
ある行動を起こしてから、7ヵ月半後だった。

2年に一度、
以前借りていた借家の更新手続があったんだけど、
火災保険も借主の私が払わなければいけなかった。

でも、もうその古くて狭い借家に、
さらにもう2年、どうしても住み続けたくなかったの。


それで大家さんに、
引っ越す予定は決まっていないけど、
火災保険を2年ではなく、
1年契約にしてほしいと頼んだ。

その1年の間に、
あてはないけど、
家を買いたかったの。

それが、おととしの9月後半。
そして、中古住宅を購入したのが去年の5月。


だからたぶん、決心すれば、
1年でかなうと思うんだ。



そしてツライことしないで、
今のままの「ぬるい私」でも家も新車も買えたのは、

自分の枠(=金がない)

を見なかったから。



自分の持っている貯金額を計算しないで、
トヨタに車を見に行ったし、
車の値段と自分の所持金を比較しないで、試乗した。

中古住宅も、
値段を聞かないで不動産屋に家を見に連れて行ってもらったし、
売値より、
自分が気に入るかどうかに重点を置いた。


自分が持っている範囲内で買えるものかどうかを考えるのではなく、
自分が気に入るか、
それを本当にほしいかどうかに重点を置いた。

だから、手に入ったと思う。



枠(=現在持っているお金)は、はずさなくていい。

枠はそのままあってもいいの、
でも、
枠は見なくていいの。

いくら自分がお金を持っているか(=枠)は、
考えなくていいの。


それが本当に必要か、
気に入るかどうかが先。

気に入れば、
きっと手に入る。



だから、
40畳リビングが本当に必要で、
私の気に入った家がみつかれば、
きっと手に入ると思うんだ。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



先日、
仕事を早退して子どもの通う小学校前を通ったら、
露出狂のおじいさんがいました!

許せん!

とすぐに、警察と小学校に電話しました。


そのあと、
シネコンプレックスに、
子どもたちと柴咲コウ主演映画「少林少女」を見に行ったら、
お客さんが我が家だけの3人だったのに、

ちょっとおかしいおじさんが、
私たちの上映館に出たり入ったりしていました。


映画途中でトイレに出たときに係員に文句を言ったけど、
映画終了後もそのおじさんがふらふらしていたので、
また文句。


危害がなくても、
他人を不安にさせるものから、わが子や子どもたちを守りたいです。


テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

サッカー部の父母の会会長になり、
1ヵ月半。

何が大変かって、
大会や練習試合のときに、会場準備の人員を確保することが大変。

会場準備は、
試合前にサッカーコートの線引きをしたり、
サッカーゴールを運んだりするのだが、
その準備を手伝ってくれる人を、
各チームから1人または2人派遣する。


子どもたちが到着する前に、
コートができていないといけないので、
会場準備の人は朝が早いし、
練習試合はお母さんでもいいが、公式戦では男性2人をと指示される。


しかし、
なかなかお父さんで会場準備に出れる人がいない。

土日が仕事で平日休みの人、
シフト制で夜間も仕事が入る人、
緊急時には休日でも仕事先から呼び出されるので、
必ず行けるとは言えない人・・・。



ところで5~6月は、
U-12(アンダー12、小6以下の大会)や
U-11(アンダー11、小5以下の大会)、
そしてU-10(アンダー10、小4以下の大会)と栃木県大会が続く。

それぞれの大会で、
各チームから男性2名以上ずつを会場準備に出さなければならない。

各学年の副会長に頼んで、
各学年で行けるお父さんを探してもらった。


私も、サッカー部のママに直接お願いしたり電話したり、
コーチにも頼んだりしたけれど、
結局6人中5人しか集まらなかった。



それで大会役員に電話したら、
女性でもいいですよと言われたので、
それをまた各学年副会長にメールした。

すると、
「私、行きますよ!」
と言ってくれたお母さんがいた。

ありがたかったなあ。


大会は隣りの市で行なうし、
7時半集合と朝早いのに、
積極的に手伝ってくれる人がいると責任者の会長としては助かる。

私も会場準備に出ようと思ったけど、
全部一人でできるわけではないからだ。




そのママはね、
夜に行なわれる大会監督会議に、
監督が仕事で遅れるから、
代わりに誰か先に行っていてほしいと監督が言うと、

「私、行きますよ」

とメールをくれる人だ。



入院したコーチにみんなで千羽鶴を作ることになったときは、
各自40羽ずつ鶴を折り、
色別に鶴を分けてから鶴をつるそうとみんなで話していたときも、

「作業、手伝いますよ」
と自分から言い出してくれた。



こちらから頼む前に手伝うよと声をかけてもらえると、
すっごくありがたい。

頼む側の私の心理的負担も、軽くなる。




ところでこのママは、
私と同じシングルマザーだ。

だからこそ、
夜遅かったり、
朝早くのお手伝いを申し出てくれることにビックリだった。


というのも、
私は会長という役につくまでは、
サッカーのお手伝いをほとんどしたことがなかった(恥)。



たとえば以前、
栃木SCの柱谷幸一監督の講演会があるので、
各チーム2名講演会に出席してほしいといわれたとき、

うちは夫がいないんだから、
夜、子どもを置いて出かけられるわけがないじゃないか!

と思っていた。
もちろん、欠席。



たとえば、会場準備。

うちはパパがいないし、
息子の下に小さい娘がいるんだから、
朝早いお手伝いができなくても仕方がないじゃん・・・

と思っていた。
もちろん、手伝わない。


母子家庭だから、
できなくて当然、と思っていたのだ。



でもお手伝いしようと思えば、
シングルマザーだろうが、
昼間仕事で忙しかろうが、関係ない。


できないときはできなくても、

できるときには「自分から積極的に」手伝うことは、
「人から頼まれて」から手伝うのとは違う。




頼まれてからではなく、

これからは自ら声をあげて、
手伝うよ!と言おう。


それが、どんなにうれしいことか、
会長になって知ったから。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、
いつも応援ありがとうございます!!



映画「ドリームガールズ」の主役を演じた美女、
ビヨンセ・ボウルズに私は憧れています。


ところで、
毎日会社の昼休みに「笑っていいとも」を見ていますが、
最近、
ビヨンセの物まねをする「ナオミ」がよく出ています。

二十歳のナオミが太っているけどキュートで、
今、ナオミがいちばんお気に入りの女の子です(笑)。


テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

土曜にが出勤のため、
千葉の父親が金曜日から来てくれて、
子どもたちのめんどうを見てくれた。


金曜日の夜に、
新しくできた回転すしに食べにいったあと、
その近くのサーティワンアイスクリーム屋で、
ちょうどキャンペーンをしていた。

ユニセフ募金をすると、
無料でシングルアイスが食べられるというのだ。


財布を見ると、
100円玉が1枚、10円玉が4枚あった。

それで子どもたちと父親、そして私も10円ずつ(恥)寄付して、
400円弱するアイスを食べた。

ラッキー!



うわ~、
私ってツイテルな~。

と、すっごくうれしかった。



ツイテルといえば、
父親が私の勤務中に部屋に掃除機をかけておいてくれた。

掃除が好きじゃない私は、
先週のゴールデンウィーク中も母が掃除機をかけてくれたので、
しばらく掃除機にさわらないですんでいる。


ラッキーだな(笑)。



そうえいば、近所のスーパーで水曜日は50円、
月曜日は1円拾ったな。

資産が増えたぞ(爆)!



母親がお土産に最中を買ったら、
子どもたちが無料で、
こんにゃくゼリーのつかみ取りをすることができた。

ツイテル!



また会社の人が実家から持ってきた、
畑で取れた初物のレタスをお昼に食べたり、
同僚からの連休土産のストロベリーゴーフルを3時に食べたりできた。

幸せ!



いつもは集合時間ぎりぎり前にならないとわからない、
子どものサッカー試合の雨天中止連絡が朝7時前にきたので、
電話で連絡網を流し、
時間に余裕を持って土曜出勤ができた。

助かった!




時々、
ラッキーなことがあると手帳にメモしている。


毎日あわただしく過ぎていき、
自分がちっとも進歩していないように感じて落ち込むけれど、
ふと、
手帳を見てみれば、

私はこんなにツイテル人生を送っているではないか!


私、こんなに恵まれて、
幸せな人生を送っているではないか!



忙しくて、
心を亡(な)くして、
自分だけ不幸のように思っちゃうことが多いけれど、

ツイテルこと、
楽しかったこと、
ありがたかったこと、

メモ書きでいいから手帳に書いていると、
感謝の気持ちを忘れなくてすむね。


そして、
昨日も一昨日もこんなにラッキーだったんだから、
今日も夢がかなって、
成功しちゃうねと自分で思い込めることが大切だ。


私は成功して当たり前だ、
私は幸せになるのが当然だ、

と思えることが成功と幸せの秘訣なんだから。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



昨夜は、
子どもたちが元夫の家に泊まりにいったので、
私はロードショーしたばかりの映画「最高の人生のみつけ方」を
夜中に見て来ました。

ガンで棺おけに入る前に、
やりたいことをやっていくというおじさん二人の物語です。


ところで最近、
知人がモルディブの水上コテージに宿泊した写真を見せてもらいました。

昼間は、
コテージ前のさんご礁の海でスノーケル三昧だったそうです。

モルディブには、スキューバダイビングをしに数回行きましたが、
水上コテージに泊まりたい!

これを死ぬまでにやることリストに付け加えました。


テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

サッカー部のママたちとまだ気軽におしゃべりができないので、
なんだか寂しいなと先週末に感じてしまった。


落ち込んでいたらある本で、

この出来事は私に何を学ばせようとしているのか?と考えよう

と書いてあった。


気軽におしゃべりできない自分。
何を話ていいか、わからない自分。

ウ~ン、自分のことばっかり(恥)。

相手を楽しませようとする発想がたりなかったな、
と思い至った。



ところでネットで副業をしようと思いながら、
相変わらず、
毎日朝寝坊している私である。

でも、
派遣の仕事だけは毎日遅刻せずに、
朝8時過ぎに家を出て、楽しく通っている。


なぜだろう?

と思ったら、派遣先の職場には仲間がいるからだった。



仕事の合間や昼休み、3時の10分休憩に、

洗髪してタオル巻いたまま寝たら、ムカデがタオルの中に入ってきて、
脳天を刺されて救急車で運ばれた知人の話をしたり、

ゴールデンウィークには、
子どもたちと映画「相棒」を見に行く話をしたりして、

コミュニケーションをとっている。



そんなおしゃべりのやり取りで、
私自身を知ってもらい、
相手の毎日を知り、

それをスパイスに自分の持ち場の仕事をがんばって、
お給料を稼いでいるわけだ。



仲間がいるから、がんばれる。

なら、
一緒に料理をする仲間や、
子連れで映画を見に行く仲間や、
人生について語り合えるメル友などを作れば、

苦手な料理も落ち込んだときにもがんばれるのではないか?


今までは、
ものすごく気の合う人、

でなければいやだと思っていた。


でも職場では、
いろんな性格や趣味、違う年代、人生経験の違う人ばかりだけど、
同じ仕事をするチームメイトなので、
一緒にいる間はみんなで楽しくやろうとやっている。

ブルーベリーやローズヒップのティーパックやおせんべいを持ち寄ったり、
ドライブスルーでベーコンハンバーガーを頼んだら、
車で走り出した後にベーコンが入っていなかったと気づいたいう、
メル友の話を話したりして、
毎日各人が工夫して盛り上げている。


仕事場が一緒でなければ話もしないだろう人たちと、
お互いに協力して楽しく過ごしているのである。

気が合わなくても、年が離れていても、
同じ工場で働くという目的が一緒なら、
楽しくやっていけるのだ。



だから、
映画以外ではつきあわないけど、
子連れ映画鑑賞なら一緒に行けるという、
映画だけの仲間でもいいじゃないか?

苦手な料理を一緒にやるという、
料理だけの付き合いの友だちでもいいじゃないか?


深い付き合いのできる友だちではなくても、
生活の一部分だけを共有できる仲間でもいいな、
一部分でいいからつながれる友達でもいいな、
と思えるようになった。


浅い付き合いでも、
一部の情報だけ共感できる知人でもいいから、
自分ががんばれるための仲間がほしいと思えるようになった。



仲間やライバルがいるからこそ、
がんばれる。

仲間を求めれば、
副業の収入もアップするはずだ(笑)。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



サッカー部のコーチが入院したので、
監督と一緒にお見舞いに行ったり、

みんなで千羽鶴を折ろうと連絡網を回したり、

サッカー部員募集のチラシを小学校2校の教頭先生に渡したり、

ゴールデンウィークは練習を休むので、
救急箱を練習に出る人の自宅に届けて、
練習に持っていってもらったり。




そして今日は映画「相棒」を見に行き、
午後はサッカー部に入部した娘のサッカーボールやトレーニングウエアやバッグなどを
買いに行きます。

夕方に、千葉から両親と弟が来るので、
明日からは近場で遊んだり、
冬用のジュータンをしまったりなど家の大掃除などですね。


気が合わない親も、
「一緒に掃除をする仲間」と、
「ゴールデンウィークだけは仲良くする仲間」(爆)にして、
楽しく過ごしたいです。




  • イケメンスタッフの多い職場

  • パーソナルのアパレル求人

  • カフェスタッフ求人

  • テーマ : 自分を磨こう! - ジャンル : ライフ

     | BLOG TOP | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。