上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分をほめたら、
天狗(てんぐ)になっちゃうんじゃないか?

ほめるより叱つた方が、
自分はいい人間に成長できるのではないか?



そういう心配や不安が、
自分をほめようと思いながらも、どこかにあった。


だけど同じ不安を抱えた人が、
それでも苦しいから、自分や子どもをほめだしたら、
気力が湧き出した。

だから、自分をほめても大丈夫だよ!
と太鼓判を押してくれたの。



へ~、
自分をほめ続けていっても大丈夫なんだと安心できたらね、
ほめることは「安全」なこと、
と初めて理解できた。


自分をほめても後で天罰がくだることもないし、
天狗になっていばって悪い人間にもならない、

と体験したの。



たとえば、
会社で楽しげにおしゃべりしている同僚たちがうらやましく思えたとき、

「あ~、
自分も今日は仕事、がんばったよな~。
よくやったよね」

と思ったら、
ねたましい気持ちがどこかに飛んでいったの。


自分のがんばりを自分で認めていなかったから、
他人に認めてほしいと、
他人に自分の話をしている人がうらやましかったんだね。



また、
子どもがいつまでも食べ終わらないので、どなって怒ったとき。

「これから皿洗いしなきゃならないのに。
でも、
私、今日一日、よくやったなあ。
がんばったね、お疲れ様」

と思ったら、
子どもに怒鳴る気持ちが少ししぼんだの。


結局、
疲れてるのに私にはまだ家事が残っているんだ、
え~い、
早く食べやがれ

って(苦笑)、
勝手に子どもに向かってイライラしていたんだね。




仕事中にも、
自分だけでなく同僚や社員たちにも、
心の中で、

「あ~、がんばってくれているんだ~。
がんばっているのは、自分だけじゃなかったんだ、
ありがとう」

と思ったら、
休憩時間に話もはずんだりして、うれしかった。




自分をほめよう、とはよく聞く。

でも、
ほめることに不安があった。

その不安の存在を教えてくれる人もいなかったし、
不安を解決してくれる人もいなかった。


だけど、自分をほめることが「安全」だとわかったら、
心置きなくほめられるようになった。



やるといいよと言われてもできないとき、
心の奥の不安の存在を見つけて、
安全だから大丈夫と安心させてあげられたら、
いいこと、
どんどんできるようになるんだね。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



昨夜は、
「フライパンで焼くピザの粉」に水と油を混ぜて、
子どもたちにピザの皮をつくってもらいました。


息子は水をなかなか入れずに、
粉だけの中に手を突っ込んでさらさらの感触を楽しんだり、

丸めた皮に顔を押し付けて顔形をとったり、
丸めたピザ皮を指で回して床に落としてゴミをつけたり。


娘はピザを焼くフライパンの端っこで、
チーズを焼いてはたくさんつまみ食いしていました。


おいしいピザが出来上がりました!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

毎朝8時過ぎに家を出て、
夕方5時半までの8時間の仕事にも慣れ、

あ~、毎日、つまらないな~

と、ふと思った。


でもね、そのとき理解したの。

毎日つまらないほど平凡で、
事故もなく、家族にケガも病気もなく、
なんて幸せなんだろう!と。


つまらないって、なんてステキなことなんだろう。
あくびが出るほど退屈って、
なんと平和な時間なんだろう。


 
私には友達もいないけれど、
友達がいなくても生きていけるとは、なんと平和な幸せなことなんだろう。

私には親しい近所づきあいもないけれど、
付き合いがなくても生活できているとは、
なんと恵まれていることだろう。



そんなことを理解した翌日、
友達同士で工場に働きに来ている人たちが、
別のテーブルで仲良くおしゃべりしているのを見て、
うらやましく思っていたとき。

考え方も浅いし、
わが子には八つ当たりしてどなっちゃうし、
外見も平凡で笑顔も少ない私だけど。

このままの私、今のありのままの私でいて、
いいんだな~と思った。


こんな薄っぺらい自分でいることを、
自分で許していいんだなと思えたの。




そうしたら初めて、
宮沢賢治の「雨にも負けず」の詩の意味が理解できた気がした。

今まではなぜ、
人のためにあんなに尽くしながら、
みんなに「でくのぼー」と呼ばれても平気なのか?

なぜ、ほめられなくても、
平和な気持ちで生きていけるのか?


理解できなかった。

でも、
誰からも親しくされず、
それでも会社に恵まれて、
楽しく仕事をしてお給料を得る生活ができている自分。

魅力や長所に乏しい薄っぺらい自分を、
今までは隠そうとしてきたけれど、
隠さず、このままでいいと思えたとき。

「でくのぼー」のまま、生きていてもいいんだとわかったのだ。



自分なりに他人に尽くしても、
他人が100%満足するわけではない。

一生懸命生きても、
他人からは能なしと思われるかもしれない。


それでも、
自分がベストを尽くして自分なりに生きればそれでいいのだ。

他人からバカと思われようと、
ほめられなくても、
自分が平和な気持ちを抱いて生きていくことの方が大事だったのだ。





自分の能なし振りを、
一生懸命隠す日々を子どもの頃から送ってきた。

だけど、
隠そうしていることも、
何を恥ずかしがって隠しているかも、
本当は他人にはバレバレだったんだよね。


自分のバカさ加減を隠さない人が、
あけっぴろげなんだね。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!


昨日は、
店員がインド人ばかりのレストランで、
インドカレー・バイキングで夕食を食べました。

インド語でこんにちはってなんていうのと聞いたら、
「カレー。
インドカレーのお店です」
といわれてしまいました(苦笑)。


そうそう、娘が思い出してくれました。

「ナマステ!」


週末の3連休に、札幌雪祭りに出かけた。

まずは、
車で到着した羽田空港からモノレールで浜松町にわざわざ戻って、
ポケモンセンターに寄ってから、
札幌へ出発した。



さて初日の夜、
札幌ラーメンの店を探しながら、
すすきのの氷の彫像を見ながら歩いていると、
疲れてお腹のすいた息子が、

「雪祭り、つまんない!」
とイライラ怒り出した。


え~、娘と私は楽しんでいるのに、
もう、がっかり!

「見たくないなら、ホテルに先に帰れ」
と、
私もどなってしまって、せっかくの旅行も情けなくなってきた。



そんな翌朝、
私はホテルの部屋で早起きして小林正観さんの本を読み、
子どもに怒らないようにしようと思った。


それで、
部屋のテレビでアニメを見ながら、
なかなか着替えない子どもたちに、
いつもならどなってしまうけれど・・・。

私は一人で先に朝食バイキングを食べに、
レストランに出かけてしまった。


レストランで一人で春雨サラダを食べながら、
仮面ライダーの番組が始まったばかりだから、
あと30分は来ないかもなあ、
と少しイライラしながら、
子どもたちがレストランに自主的に来るのを待っていた。

15分くらいでやって来ただろうか。


あ~、よかった。
来てくれた。

一緒に食べられて、うれしいなと思った。




札幌2日目は、
雪祭りのさとらんど会場にバスで行った。

スノーモービルで引っ張るタイヤチューブに乗ったり、
試合用の雪合戦コートで雪投げしたり。


子どもたちはいつまでも雪投げをしていて、
昼食をろくにとらないまま2時になってしまった。

雪投げに飽きた私は、
ご飯食べに行こうと子どもたちを誘うが、いつまでもやめない。

いつもなら怒って、
私の行動に子どもたちを合わせるんだけど、
私は一人で先に屋台でお昼を食べに出かけてしまった。



いつ、子どもたちが来るかな~と待っていたら、
じゃがいもで作ったうどんを食べ終わった頃、
やって来た。

すっかり体の冷え切った子どもたちに、
いそいでホットココアを持たせ、
ソーセージやカレーうどんを買って、食べさせた。



な~んだ、
いつかは食べに来るんだね。


いつも自分のやりたいことと子どものやりたいことが違っていて、
子どもを自分のペースに合わせようとしてどなっていたけれど、
待っていれば、
私のやってほしいことを子どもたちはやってくれるんだね。

これも、望みが叶っているのと同じだね。




怒らないで感謝していると、
夢がかなう率が上がるって聞いたけれど、
本当だったんだ!

だって子どもたちはいつでも、
私が言うとおりに、怒る通りに(苦笑)に、
やってくれていた。


そして、
怒らなくても母親の希望通りに動いてくれるのだ。



怒らなくても、
子どもは親の願い通りに健全に育ち、
そして怒らないほど、
自動的に自分の夢もどんどんかなうようになっていくんだね。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



札幌は快晴で、
日焼け、雪焼けしました!

いちばんキレイだったのは、
ビルの上の観覧車から見た札幌の夜景でした。


ちなみに、
ミニスカートにハイヒールやブーツ姿の女の子も多く、
スキーウエアで着膨れして、
おしゃれから縁遠い自分がちょっと気になった札幌でした。
週末の3連休に、札幌雪祭りに出かけた。

まずは、
車で到着した羽田空港からモノレールで浜松町にわざわざ戻って、
ポケモンセンターに寄ってから、
札幌へ出発した。



さて初日の夜、
札幌ラーメンの店を探しながら、
すすきのの氷の彫像を見ながら歩いていると、
疲れてお腹のすいた息子が、

「雪祭り、つまんない!」
とイライラ怒り出した。


え~、娘と私は楽しんでいるのに、
もう、がっかり!

「見たくないなら、ホテルに先に帰れ」
と、
私もどなってしまって、せっかくの旅行も情けなくなってきた。



そんな翌朝、
私はホテルの部屋で早起きして小林正観さんの本を読み、
子どもに怒らないようにしようと思った。


それで、
部屋のテレビでアニメを見ながら、
なかなか着替えない子どもたちに、
いつもならどなってしまうけれど・・・。

私は一人で先に朝食バイキングを食べに、
レストランに出かけてしまった。


レストランで一人で春雨サラダを食べながら、
仮面ライダーの番組が始まったばかりだから、
あと30分は来ないかもなあ、
と少しイライラしながら、
子どもたちがレストランに自主的に来るのを待っていた。

15分くらいでやって来ただろうか。


あ~、よかった。
来てくれた。

一緒に食べられて、うれしいなと思った。




札幌2日目は、
雪祭りのさとらんど会場にバスで行った。

スノーモービルで引っ張るタイヤチューブに乗ったり、
試合用の雪合戦コートで雪投げしたり。


子どもたちはいつまでも雪投げをしていて、
昼食をろくにとらないまま2時になってしまった。

雪投げに飽きた私は、
ご飯食べに行こうと子どもたちを誘うが、いつまでもやめない。

いつもなら怒って、
私の行動に子どもたちを合わせるんだけど、
私は一人で先に屋台でお昼を食べに出かけてしまった。



いつ、子どもたちが来るかな~と待っていたら、
じゃがいもで作ったうどんを食べ終わった頃、
やって来た。

すっかり体の冷え切った子どもたちに、
いそいでホットココアを持たせ、
ソーセージやカレーうどんを買って、食べさせた。



な~んだ、
いつかは食べに来るんだね。


いつも自分のやりたいことと子どものやりたいことが違っていて、
子どもを自分のペースに合わせようとしてどなっていたけれど、
待っていれば、
私のやってほしいことを子どもたちはやってくれるんだね。

これも、望みが叶っているのと同じだね。




怒らないで感謝していると、
夢がかなう率が上がるって聞いたけれど、
本当だったんだ!

だって子どもたちはいつでも、
私が言うとおりに、怒る通りに(苦笑)に、
やってくれていた。


そして、
怒らなくても母親の希望通りに動いてくれるのだ。



怒らなくても、
子どもは親の願い通りに健全に育ち、
そして怒らないほど、
自動的に自分の夢もどんどんかなうようになっていくんだね。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



札幌は快晴で、
日焼け、雪焼けしました!

いちばんキレイだったのは、
ビルの上の観覧車から見た札幌の夜景でした。


ちなみに、
ミニスカートにハイヒールやブーツ姿の女の子も多く、
スキーウエアで着膨れして、
おしゃれから縁遠い自分がちょっと気になった札幌でした。
離婚して5年半。
再婚したいという気持ちは、ほとんどなかった。

それよりも、今まで夫や男性に依存して、
女性だからやらなくていいと思っていたものに、
どんどんチャレンジすることの方が楽しかった。



たとえば、車の運転。
助手席に座って、ペーパードライバーのまま過ごしていた10数年。
妻は助手席に座ってあげるもの、
と思っていた。

でも、子どもを乗せて自分で首都高速を走り、
沖縄や北海道でレンタカーを借り、
タイやインドネシアの島でもレンタカーを借りて走っていると、
楽しい!


もう、助手席の人には戻りたくないと思った。



そう考えると、再婚して、
よき妻、よき嫁の地位に戻るのはいやだった。

もっともっと自分だけの力で、
夫や男性に頼らずにチャレンジしたかった。
それというのも、
独身時代に一人暮らしをさせてもらえなかったせいもあるだろう。



その結果、離婚してから引越もひとりで2回。
以前は夫と共同名義で登録していた家も自分ひとりの自宅として買えたし、
車も一人で購入できるようになった。

セルフのガソリンスタンドで、
一人で灯油やガソリンを入れることもできるようになった。

今週末は、
羽田空港付近の駐車場に車を置いて、
子どもと3人で札幌雪祭りに3日間出かける予定だ。



だんだんいろんなことが自分でできるようになったら、
パートナーや夫という男性がそばにいても、
自分は自分で自分の人生を運転していけるかも、
という気持ちになってきた。


理想の再婚相手は、お金持ち。
お金をたくさん稼ぐ能力のある人、経営力のある人なのだが、
もし夫にベンツを買ってもらったら、
イヤだな~と今までは思っていた(笑)。

自分の稼ぎで買いたかったから。


でも今は、
夫にベンツを買ってもらっても、
私は自分でも自分のためにフェラーリを買おう♪
と思えるようになった。



夫にもプレゼントしてもらうけど、
自分でも自分のためにプレゼントできる女!

だんだん再婚プランがイメージできてきた(爆)。




ところで私の机の前には、
チャーリー・シーンと離婚してシングルマザーになったデニス・リチャードという、
ハリウッド女優の写真が貼ってある。

スリップドレスで子どもを抱っこしていたり、
ロングドレスの姿などのいろんな写真が載っている雑誌のページを破って貼ったのだが、
ママになってもかわいらしくて、美人はいいなとうらやんでいた。


でもね、
足が太くてはいたことのないスリップドレスを着た自分や、
白い毛皮のコートを着て、
北海道の千歳駅のホームに立つ自分などを想像できるようになった。

デニスのようになった自分を。
こんな自分もありかな、と。




両親や前夫やまわりの人に助けられながらだけど、
一人暮らしのように、
自分の力で自分と子どもを守る生活をがんばってきて、
自分を許せる範囲が広くなったのかもしれない。


自分で自分にプレゼントすることを許し、
他人からプレゼントをもらうことを許せるように。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



他人にも、
少しずつプレゼントができるようになってきたと思います。

現在のフォスタープランで、私がスポンサーになっている子どもは4人。


ちなみに南米の10歳の男の子と女の子は、
二人とも両親がいなくて、
シングルマザーの私は涙が出そうでした。

だって、
わが子が片親だっていうだけで申し訳なかったのに、
父親も母親も亡くした子がいるなんて・・。


そういう子がたくさんいると知っていたけれど、
わが子同然としてお金を送っているつもりのふたりの写真が届いたときは、
胸がつぶれる気がしました。
離婚して5年半。
再婚したいという気持ちは、ほとんどなかった。

それよりも、今まで夫や男性に依存して、
女性だからやらなくていいと思っていたものに、
どんどんチャレンジすることの方が楽しかった。



たとえば、車の運転。
助手席に座って、ペーパードライバーのまま過ごしていた10数年。
妻は助手席に座ってあげるもの、
と思っていた。

でも、子どもを乗せて自分で首都高速を走り、
沖縄や北海道でレンタカーを借り、
タイやインドネシアの島でもレンタカーを借りて走っていると、
楽しい!


もう、助手席の人には戻りたくないと思った。



そう考えると、再婚して、
よき妻、よき嫁の地位に戻るのはいやだった。

もっともっと自分だけの力で、
夫や男性に頼らずにチャレンジしたかった。
それというのも、
独身時代に一人暮らしをさせてもらえなかったせいもあるだろう。



その結果、離婚してから引越もひとりで2回。
以前は夫と共同名義で登録していた家も自分ひとりの自宅として買えたし、
車も一人で購入できるようになった。

セルフのガソリンスタンドで、
一人で灯油やガソリンを入れることもできるようになった。

今週末は、
羽田空港付近の駐車場に車を置いて、
子どもと3人で札幌雪祭りに3日間出かける予定だ。



だんだんいろんなことが自分でできるようになったら、
パートナーや夫という男性がそばにいても、
自分は自分で自分の人生を運転していけるかも、
という気持ちになってきた。


理想の再婚相手は、お金持ち。
お金をたくさん稼ぐ能力のある人、経営力のある人なのだが、
もし夫にベンツを買ってもらったら、
イヤだな~と今までは思っていた(笑)。

自分の稼ぎで買いたかったから。


でも今は、
夫にベンツを買ってもらっても、
私は自分でも自分のためにフェラーリを買おう♪
と思えるようになった。



夫にもプレゼントしてもらうけど、
自分でも自分のためにプレゼントできる女!

だんだん再婚プランがイメージできてきた(爆)。




ところで私の机の前には、
チャーリー・シーンと離婚してシングルマザーになったデニス・リチャードという、
ハリウッド女優の写真が貼ってある。

スリップドレスで子どもを抱っこしていたり、
ロングドレスの姿などのいろんな写真が載っている雑誌のページを破って貼ったのだが、
ママになってもかわいらしくて、美人はいいなとうらやんでいた。


でもね、
足が太くてはいたことのないスリップドレスを着た自分や、
白い毛皮のコートを着て、
北海道の千歳駅のホームに立つ自分などを想像できるようになった。

デニスのようになった自分を。
こんな自分もありかな、と。




両親や前夫やまわりの人に助けられながらだけど、
一人暮らしのように、
自分の力で自分と子どもを守る生活をがんばってきて、
自分を許せる範囲が広くなったのかもしれない。


自分で自分にプレゼントすることを許し、
他人からプレゼントをもらうことを許せるように。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



他人にも、
少しずつプレゼントができるようになってきたと思います。

現在のフォスタープランで、私がスポンサーになっている子どもは4人。


ちなみに南米の10歳の男の子と女の子は、
二人とも両親がいなくて、
シングルマザーの私は涙が出そうでした。

だって、
わが子が片親だっていうだけで申し訳なかったのに、
父親も母親も亡くした子がいるなんて・・。


そういう子がたくさんいると知っていたけれど、
わが子同然としてお金を送っているつもりのふたりの写真が届いたときは、
胸がつぶれる気がしました。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。